スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 劇団四季ソング&ダンス 55ステップス(4)
2009年05月31日 (日) | 編集 |
5月30日(土) ソワレ
新名古屋ミュージカル劇場 : センター最前列

◆キャスト◆

【ヴォーカルパート】
阿久津 陽一郎
村 俊英
李 涛


井上 智恵
早水 小夜子
花田 えりか

【ダンスパート】
川東 優希
斎藤 准一郎
岩崎 晋也
徳永 義満
菊池 正
成田 蔵人
朱 涛
神谷 凌
前田 順弘


加藤 久美子
駅田 郁美
杏奈
須田 綾乃
柴田 桃子
柴田 厚子
坂田 加奈子
高倉 恵美
今 綾乃
泉 春花


この色は前回観劇と違うキャスト

名古屋公演、やっと観てきましたー。

以下ただの感想。
******************************

[READ MORE...]
スポンサーサイト
テーマ:劇団四季
ジャンル:学問・文化・芸術
 『オペラ座の怪人』名古屋公演チケット先行予約
2009年05月24日 (日) | 編集 |
■『オペラ座の怪人』 名古屋公演
09年8月2日(日)~10月30日(日)公演分

一期発売

チケット取りの皆さんお疲れ様でした。
何とか初日取れました。

・・・・・・行かない予定だったんだけどログイン出来ちゃったので・・・誘惑に負けました。

でも我慢しすぎも良くないですよね、うん。
オペラ座は封印だったけど、せっかく名古屋に来るのでやっぱり一度は観ておかないと。
クリスティーヌはどなたが来るのでしょうね。
怪人よりラウルより・・・クリスティーヌです。

楽しみに待ちたいと思います
テーマ:劇団四季
ジャンル:学問・文化・芸術
 アイーダ東京公演決定!
2009年05月19日 (火) | 編集 |
『アイーダ』東京公演の製作発表会が行われました。【動画追加】

10月開幕だそうです。
・・・最新ニュースはメールで教えてほしいと思うのは私だけでしょうか・・・。
(もしかして設定とかで来ないだけ?)
マメに公式見に行かない私が悪いんでしょうか。
こんな時間になるまで気がつかなかった私です。

で!東京がとっても魅力的ですよ。
意外とはまった昭和3部作(やるなら1回は観たいよねーレベル)、夢醒めユタそしてアイーダ(何度でも観たいレベル)。LKも。
いいなぁ~。
アイーダは待ってた方も多いんじゃないでしょうか。
私も待ってました!!

しかし、何これ拷問?(行けません)
前の私なら普通に、東京アイーダ&春or秋→(宿泊)→横浜キャッツコース決定!と大喜びだったけど、無理だなぁ・・・。
でもアイーダは観たい。
ロングランだよね。
数ヶ月に1回は観られるといいなぁ・・・。

あ、何で行けなくなったかというと、会社つぶ・・・・・・orz
まだ仕事はあるけど、貯金がほとんどないので、8月まで取ってあった(取ってもらった)分もほとんど諦めることになってしまいました。
今まで頭使うことなくのほほーんと仕事してきて脳みそ退化も激しいので仕事探すの本当に大変だろうなーと思ってます。
見つかっても、今でもギリギリの生活なのがさらにきつくなるかな、と。

10月心に余裕があれば観に行きたいけど、まだ今の仕事も忙しいだろうしでも新しい職場も探さないといけないしで、カツカツしてるだろうな~。
で、私が観に行けるころにはきっとラダメスは・・・もにょもにょ(笑)。

そんなわけで、観劇記録は劇的に減ります。
その分、今まで書いてなかったレポ&感想を書けたらいいな~って・・・前も書いたような(笑)。
レポUPは心に余裕があるか、どうしようもない不安に現実逃避したかのどっちかだと思ってください(笑)。
・・・すみません、暗い内容で。
テーマ:劇団四季
ジャンル:学問・文化・芸術
 開場10周年☆
2009年05月15日 (金) | 編集 |
祝・新名古屋ミュージカル劇場、10周年!

1999年に誕生した新名古屋ミュージカル劇場が、
本日5月15日に開場10周年を迎えました!
 (四季mailより)



私が初めて新名古屋ミュージカル劇場に行ったのは2001年冬でした。
演目はジーザス・クライスト=スーパースター。
柳瀬ジーザスのゲッセマネにちょっと寝ながらも(笑)、すごく衝撃を受けて四季オタへの第一歩を踏み出した場所です。

初めて行った時は、名古屋へ一人で行くのも初めてでランチ食べようと名駅の地下街で迷い、伏見駅で6番出口から出たせいで迷い(当時は公式サイトに6・7番出口から徒歩5分としか書かれていなかった)、半泣きで劇場へ行きました(笑)。
懐かしいです。
あれから7年半。
足しげく名古屋へ通って、劇場へは迷わず行ける様になったけど(当たり前)、それ以外はほとんど攻略できてません。

今まで松坂屋とか名鉄とかのデパートくらいは行ってたけど地下街はほとんど行ったことがなくて。
安カワな服や靴が多いので、今後は観劇だけでなくショッピングも楽しもうと思っていたのですが。


諸事情によりショッピングはもちろん、観劇も厳しくなりました
観劇はやめられないので、数ヶ月に1回は観に行けたらいいな、と思っているけど。
(これから我慢と忍耐の日々です)

またアホのようにたーくさん観に行ける様に、名古屋の劇場には20周年30周年と(自分もうおばあちゃんだよ!)長く続いてほしいな~と思います
テーマ:劇団四季
ジャンル:学問・文化・芸術
 ジーザス・クライスト=スーパースター ジャポVer(13)
2009年05月09日 (土) | 編集 |
5月9日(土) マチネ
新名古屋ミュージカル劇場 : S席1階B列センター

◆キャスト◆

ジーザス・クライスト: 金田 俊秀
イスカリオテのユダ: 金森 勝
マグダラのマリア: 高木 美果
カヤパ: 金本 和起
アンナス: 吉賀 陶馬ワイス
司祭1: 阿川 健一郎
司祭2: 佐藤 圭一
司祭3: 伊藤 潤一郎
シモン: 本城 裕二
ペテロ: 飯田 達郎
ピラト: 青井 緑平
ヘロデ王: 星野 光一

【男性アンサンブル】
赤瀬 賢二
山本 伸夫
小野 功司
神山 隼
染矢 裕
上出 匡高
藤山 大祐
ソ ジョンス
嶋野 達也
川畑 亮
松田 逸平
中村 伝
武智 正光
玉真 義雄

【女性アンサンブル】
宝生 慧
ジョン ジヨン
稲垣 麻衣子
伊藤 志保
キム ミンヨン
上條 奈々
小島 由夏
松尾 千歳
光川 愛
濱村 圭子
ソン インミ
石倉 康子

【大八車/人力車】
手島 章平 / 近藤 聡明 / 中村 智志 /
小出 宏臣 / 片山 怜也 / 南 圭祐 /
小林 嘉之 / 辻中 武 / 安東 翼 /
今村 真悟


この色は前回観劇と違うキャスト

以下レポ&感想。感想だけ。
******************************

[READ MORE...]
テーマ:劇団四季
ジャンル:学問・文化・芸術
 ジーザス・クライスト=スーパースター ジャポVer(12)
2009年05月06日 (水) | 編集 |
5月6日(水) マチネ
新名古屋ミュージカル劇場 : B席2階C列下手

◆キャスト◆

ジーザス・クライスト: 金田 俊秀
イスカリオテのユダ: 金森 勝
マグダラのマリア: 高木 美果
カヤパ: 金本 和起
アンナス: 吉賀 陶馬ワイス
司祭1: 阿川 健一郎
司祭2: 佐藤 圭一
司祭3: 伊藤 潤一郎
シモン: 本城 裕二
ペテロ: 飯田 達郎
ピラト: 青井 緑平
ヘロデ王: 星野 光一

【男性アンサンブル】
赤瀬 賢二
山本 伸夫
小野 功司
神山 隼
染矢 裕
上出 匡高
藤山 大祐
ソ ジョンス
嶋野 達也
川畑 亮
松田 逸平
中村 伝
武智 正光
玉真 義雄

【女性アンサンブル】
宝生 慧
ジョン ジヨン
稲垣 麻衣子
伊藤 志保
キム ミンヨン
上條 奈々
小島 由夏
松尾 千歳
光川 愛
濱村 圭子
ソン インミ
石倉 康子

【大八車/人力車】
手島 章平 / 近藤 聡明 / 中村 智志 /
小出 宏臣 / 片山 怜也 / 南 圭祐 /
小林 嘉之 / 辻中 武 / 安東 翼 /
今村 真悟


この色は前回観劇と違うキャスト

以下レポ&感想。まだ。
******************************

イベント参加してきました。
こちらも余裕があればレポ書きます。
大したことは書けないけど・・・とりあえず一言。
B班(川畑・嶋野・光川・ジヨン・・・敬称略)でした。
楽しかったー
テーマ:劇団四季
ジャンル:学問・文化・芸術
 ジーザス・クライスト=スーパースター ジャポVer(11)
2009年05月04日 (月) | 編集 |
5月4日(月) マチネ
新名古屋ミュージカル劇場 : B席2階C列センター

◆キャスト◆

ジーザス・クライスト: 金田 俊秀
イスカリオテのユダ: 金森 勝
マグダラのマリア: 高木 美果
カヤパ: 金本 和起
アンナス: 吉賀 陶馬ワイス
司祭1: 阿川 健一郎
司祭2: 佐藤 圭一
司祭3: 伊藤 潤一郎
シモン: 本城 裕二
ペテロ: 飯田 達郎
ピラト: 青井 緑平
ヘロデ王: 星野 光一

【男性アンサンブル】
赤瀬 賢二
山本 伸夫
小野 功司
神山 隼
染矢 裕
上出 匡高
藤山 大祐
ソ ジョンス
嶋野 達也
川畑 亮
松田 逸平
中村 伝
武智 正光
玉真 義雄

【女性アンサンブル】
宝生 慧
ジョン ジヨン
稲垣 麻衣子
伊藤 志保
キム ミンヨン
上條 奈々
小島 由夏
松尾 千歳
光川 愛
濱村 圭子
ソン インミ
石倉 康子

【大八車/人力車】
手島 章平 / 近藤 聡明 / 中村 智志 /
小出 宏臣 / 片山 怜也 / 南 圭祐 /
小林 嘉之 / 辻中 武 / 安東 翼 /
今村 真悟


この色は前回(ジャポVer)観劇と違うキャスト
(女性アンサンブル、大半が同じキャストなんだけど何故か枠が違います・・・)

以下レポ&感想。まだ。
******************************

テーマ:劇団四季
ジャンル:学問・文化・芸術
 アンデルセン(8)
2009年05月03日 (日) | 編集 |
5月3日(日) マチネ
四季劇場[秋] : S席1階3列上手

◆キャスト◆

ハンス・クリスチャン・アンデルセン: 味方 隆司
マダム・ドーロ: 斉藤 美絵子
ニールス: 松島 勇気
ペーター: 高橋 徹
校長/ホルム編集長: 維田 修二
町長/船長: 岡崎 克哉
警官/リク: 香川 大輔
オットー: 石波 義人
外国の王女: 大橋 里砂(3クローネの人)
セリーヌ: 菅本 烈子
アンナ: 鈴木 友望(少年)
ラース: 大徳 朋子

【男性アンサンブル】
齊藤 翔(新聞屋)
丹下 博喜(新聞屋)
松永 隆志(緑ジャケ)
高城 将一(紺ジャケ・パン屋)
渡井 真一(警官)
廣野 圭亮(煙突掃除屋)
井上 隆司(ソーセージ屋)
前田 員範(魚屋)

【女性アンサンブル】
山下 由衣子
江部 麻由子
石川 縁(つば広帽子の婦人)
大槻 純子(花柄ドレス?)
服部 ゆう(黄色ドレス)
荒木 舞(縦ロール髪)
石野 寛子(マッチ売り)
吉田 郁恵(野菜売り)
梅崎 友里絵(牛乳売り)
是澤 麻伊子(少年)


この色は前回観劇と違うキャスト
カッコ内はコペンハーゲンでの役

以下レポ&感想。まだ。
******************************

二言三言四言・・・。
高橋ペーター、可愛くてよかったです!
顔はまぁ・・・いいですよね(笑)。
演技は基本は有賀さんのコピーって気がします。
私自身、ペーターは有賀さんしか見たことがないので、これはしょうがないのかな?
最初から違ったペーター見せられても、それはそれで違和感あるだろうし。
でも良い所を吸収しつつも、自分の可愛さ(笑)はしっかりアピールしてるのかな?
有賀ペーターはさすがに落ち着いてきた感じが否めませんでした。
高橋ペーターは少年!!て感じが前面に出ててよかったです♪
テーマ:劇団四季
ジャンル:学問・文化・芸術
 キャッツ(113)
2009年05月02日 (土) | 編集 |
5月2日(土) ソワレ 1列下手サブ 
キャッツ・シアター

◆キャスト◆

グリザベラ: 早水 小夜子★
ジェリーロラム=グリドルボーン: 秋 夢子
ジェニエニドッツ: 小松 陽子
ランペルティーザ: チェ ウンヘ
ディミータ: 有永 美奈子★
ボンバルリーナ: 西村 麗子
シラバブ: 南 めぐみ
タントミール: 八鳥 仁美
ジェミマ: 王 クン
ヴィクトリア: 千堂 百慧
カッサンドラ: 井藤 湊香

オールドデュトロノミー: チェ ソンジェ
バストファージョーンズ、
アスパラガス=グロールタイガー: 村 俊英
マンカストラップ: 芝 清道
ラム・タム・タガー: 荒川 務
ミストフェリーズ: 金子 信弛
マンゴジェリー: 百々 義則
スキンブルシャンクス: 劉 昌明
コリコパット: 花沢 翼
ランパスキャット: ユ ホンチョル
カーバケッティ: 齊藤 太一
ギルバート: 入江 航平
マキャヴィティ: 青山 祐士
タンブルブルータス: 川野 翔

★☆握手猫
色が違うのは前回観劇と違う猫

お初キャストなし

五反田猫、My楽!!
5/3千秋楽。

以下感想。まだ
******************************
テーマ:劇団四季
ジャンル:学問・文化・芸術
 さようなら五反田キャッツ!
2009年05月02日 (土) | 編集 |
My楽が終わり、ホテルでまったりしています。

マチソワ楽しかったー。
ソワレは疲れからか頭痛と眠気と戦っていて100%集中できなかったのがちょっと悔いが残るかな…。

カテコがあっさりしすぎて、明日で終わりって気がしません。
先月の特別カテコの方が感動したなー。
今回のはまた次があるっていう伏線みたいな、未来を感じさせる終わり方でした。
あんまりしつこいのも好きじゃないけど、今回はホント拍子抜けしました。←勝手すぎる(笑)。

マチネは先月と同じ席に座りました。
先月はタガーに振られて残念無念だったけど、今日は連れ去られました
今日もないかなぁと諦めてたので嬉しい
昔何度か経験あるけど、こういうの慣れてないから頭まっちろ。緊張した~。
でもさすがにもう次はないだろうから最後の最後に大好きだった席で良い思い出が出来て良かったです
荒川タガーありがとーう


半年後に始まるし、どうせまた観に行くんだろうけど、私の中で何となく一区切り付いた感じがします。

さようなら、そしてありがとう五反田キャッツ


明日はキャッツMy楽の余韻に浸る間もなくアンデルセン見に行きます

他のナンバーの感想は家に帰ってから…
 キャッツ(112)
2009年05月02日 (土) | 編集 |
5月2日(土) マチネ 5列下手サブ 
キャッツ・シアター

◆キャスト◆

グリザベラ: 早水 小夜子
ジェリーロラム=グリドルボーン: 秋 夢子
ジェニエニドッツ: 小松 陽子
ランペルティーザ: チェ ウンヘ★
ディミータ: 有永 美奈子
ボンバルリーナ: 西村 麗子
シラバブ: 南 めぐみ
タントミール: 八鳥 仁美
ジェミマ: 王 クン
ヴィクトリア: 千堂 百慧
カッサンドラ: 井藤 湊香

オールドデュトロノミー: チェ ソンジェ
バストファージョーンズ、
アスパラガス=グロールタイガー: 村 俊英
マンカストラップ: 芝 清道
ラム・タム・タガー: 荒川 務
ミストフェリーズ: 金子 信弛
マンゴジェリー: 百々 義則
スキンブルシャンクス: 劉 昌明
コリコパット: 花沢 翼
ランパスキャット: ユ ホンチョル
カーバケッティ: 齊藤 太一
ギルバート: 入江 航平
マキャヴィティ: 青山 祐士
タンブルブルータス: 川野 翔

★☆握手猫
色が違うのは前回観劇と違う猫

お初キャストなし

以下感想。まだ
******************************
テーマ:劇団四季
ジャンル:学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。