スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 『マンマ・ミーア!』静岡公演製作発表会 その2。
2010年02月24日 (水) | 編集 |
続きです・・・。

それから、簡単にマンマ公演の概要説明がありました。

★劇団四季ミュージカル『マンマ・ミーア!』静岡公演 概要
(こちらは資料より)

◇公演期間: 2010年8月6日(金)開幕 ロングラン公演
◇会   場: 静岡市民文化会館
◇料   金: S席9800円/A席8000円/B席6000円/C席3000円
◇一般発売: 2010年6月20日(日) 午前10時より発売開始
  ※「四季の会」会員先行発売:6月5日(土)午後10時より発売開始
◇予約方法: インターネット予約 SHIKI ON-LINE TICKET
          http://489444.com(24時間受付)
         電話予約 0120-489-444
◇お問合せ: 劇団四季 静岡オフィス
         〒420-0032 静岡市葵区両替町2-4-15 静岡O.Nビル3階
         TEL054-653-0100/FAX054-253-5213


ついでに≪劇団四季上演記録≫
東京:2002年12月1日~2004年11月28日 715回 入場者数813000人
大阪:2005年1月9日~2007年2月12日 689回 入場者数676600人
福岡:2007年5月19日~2007年9月30日 125回 入場者数96900人
名古屋:2008年2月26日~2009年2月28日 353回 入場者数240000人

★質疑応答

質問1:専用劇場ではなく地方でのロングランの意味とか位置づけとかを教えてください。
 作品の中でアバの曲を日本語で歌っていますが、浅利氏が日本語の訳をつけたとのことでアバの曲の魅力を教えてください。

浅利さん:静岡は穏やかな土地で優しい。文化的な町だと思う。
 文化施設が多くあっても良いのではないか。
 われわれと静岡の間で協力関係を作って劇場文化が花開くよう努力していきたい。
 日本語の訳についてはほとんど僕がやらされる。
 ジーザスくらいストスーパースターでこういうのがあるんですが「Myナンチャラカンチャラ・・・」(英語わかりません・・・)と言う歌詞は6つの音がある。
 「私は今ーわかーるのだー♪」と言う風にして、いらないところを捨てる。
 イントネーションが逆アクセントにならないように気をつけている。

 あともう一つキャッツのメモリーを例にして、「グリザベラが最初に歌うところ、ナンチャラカンチャラ~♪(英語で歌い始めた)、ごらーんよ♪、何か違うな~と1時間ほど悩んで結局「ごらーんよ♪、じゃあ次ははで始まるのがいいな、はじーらい♪・・・これいいなー、じゃあ次はこれが出てきて」・・・と歌ってました。
浅利さんが歌いましたよ!!!

 マンマはやりやすかった。アバの曲はメロディとことばの関係がとてもいい。
 歌は楽しんでいただけるんじゃないか。

質問2:小嶋市長と浅利代表に。
 清水駅東口に新しいホールが出来るが記念公演など劇団四季の招聘はあるのか、来ていただけるのか。

小嶋市長:ぜひにと思っている。
 ミュージカルを想定にして1500席ほどのホールを作っている。
 100mほどの距離で立地せいも良く富士山もあるので眺めもいい。
浅利さん:「呼んでいただければ、全力疾走で、全速力でやらせてもらいます。
 その前にアンケートは取らせていただきますが・・・。」

何だろうか、さっきから浅利さんがただの面白いおじいさんにしか見えないのだが・・・。

質問3:8/3開幕になっているが、閉幕予定は?公演回数は?

実務担当の何ちゃらさん・・・:美女と野獣は8万人のお客様に来てもらった。8/6に開幕して9月初旬まで何とか頑張りたい。1階目の発売状況を観ながら延長をしたい。
 8万人の席を用意してもらうのでそのあたりを目標にしている。

質問4:出演者に、静岡の思い出とかあれば・・・。

荒川さん:全国公演で必ず静岡に来るが、駅とホテルと会館の3つを引き継ぐことしか出来ないので、今回来れたら静岡の方と交流を深めていきたい。
五東さん:私も前回クリスで一週間ほど出たときも劇場とホテルの往復だった。静岡出身の方はほんわりした方が多いので、今回来れたら静岡の街を楽しみたい。

質問5:過去に8万人の来場があったとのこと、経済状況を把握していたら教えていただきたい。

小嶋さん:「把握していません。」←ちょ(笑)
 キャッツも人気があってどこから来ているのかアンケートを取ったら市内3市外3県外3だった。
 このホテル(アソシア)に泊まる人も多かったらしいので経済効果はあったと思う。

・・・市内3市外3県外3て、残りの1は何だろう・・・。

浅利さん:「申し忘れたことが合ったんですけど」と割り込み(笑)。
 劇団に俳優として入る中で残存率が高いのが静岡県。
 九州からも多いけど、1県で言うと静岡県が多い。
 今日も3人来てるけど昨日夜電話して観に来い!と呼んだ(笑)。
 「一人(荒木さん)はエビータ、一人(涼太君)は名古屋でファントム、一人(玉城さん)はこないだまで僕と一緒に稽古やってました。で、今日観に来てそのまま泊まって親孝行して帰れと(笑)」
 静岡からはとってもいい俳優が来ていることを皆さまにご報告しておきます。

とのことでした。

以上まとまり悪くて読みにくいですが質疑応答でした。

★ストーリー紹介、プロモーションVTR放映
100222MM-11_1.jpg あまりにも写真がヘボ過ぎて載せてみました。
プロモーションビデオは名古屋公演のも混ざっていました。
ほんの少しご贔屓さんも映ったので、それだけで大興奮。
ニーヤニーヤしながら見ている怪しい女がここに一人・・・。

★キャストナンバー披露
五東さんがまず「マンマ・ミーア」を歌いました。
そのあと荒川さんも来て2人で「S.O.S」。
ちょっと動いたりして、二人のすれ違いを上手く表現していましたよ。

写真ですが、私のが相当ヘボかったのでお友達から何枚か拝借しましたので、どうぞ・・・。
100222MM-R1_1.jpg ←"マンマ・ミーア!"ドナ
100222MM-R2_1.jpg ←"S.O.S"ドナ&サム

★写真撮影
報道関係者のみの写真撮影でしたので、遠くからチャンスを伺いつつ撮影しました。
100222MM-13_1.jpg ←これはまだマシな方・・・。
100222MM-14_1.jpg 100222MM-15_1.jpg
↑この辺もはや何を撮りたかったの不明。
100222MM-12_1.jpg 100222MM-16_1.jpg
↑アップにしてちょっとマシになりました。
どれにも涼太君が全く写っていません(笑)。

・・・ので、またお友達から素敵な写真を拝借しましたのでどうぞ・・・。
(最初からこれ載せろなんて言わないでくださいね・・・)
100222MM-R3_1.jpg ←涼太君もいますよ。



こんな感じで大体1時間ほどでしょうか、会見が終了しました。
廊下では、スタッフさんとブログサポーターさんでしょうか?関係者でしょうか?が和やかにお話していました。
ブログサポーターの質問は会見終了後にスタッフが答えるとのことでしたが、別に何の質問もないのでトイレ行ってサカサカその場を立ち去りました。
そしてまたポスターの写真やら(さっきも撮ったのに(笑))ホテルの外観やら写真撮りまくって、会場を後にしたのでした・・・。

確かウィキッドから始まったブログ記者(サポーター)は前から気になっていたので、今回こんな貴重な体験をさせてくれた四季に感謝です
内容はかなりしょぼいですが、以上会見レポでした

同じ静岡県と言っても、劇場まで電車で1時間10分+徒歩15分かかるので平日は無理ですが、休日はペンライト持って通いたいと思います

馴染み安い曲と笑いあり涙ありのストーリーでとってもハッピーな気分になれる作品なので、市内市外県外その他(1が気になっている(笑))、たくさんの方に観て欲しいです。
そして延長してほしい・・・(笑)。
スポンサーサイト
テーマ:劇団四季
ジャンル:学問・文化・芸術
 『マンマ・ミーア!』静岡公演製作発表会 その1。
2010年02月22日 (月) | 編集 |
行ってきましたー
お友達ブロガーさんも当選したので一緒にランチをして、それから会場へ向かいました。

写真でごまかしてます。

製作発表会会場は静岡駅横にあるホテルアソシア。
100222MM-1.jpg
天気にも恵まれて良い会見日和です♪

中に入ると
100222MM-2_1.jpg 1階エスカレーター横にどーん!ポスター見るだけでワクワクします。
100222MM-3_1.jpg 2階にも。・・・道しるべのよう・・・。

そんなわけで
『マンマ・ミーア!』
2010年8月6日(金)開幕!!
です。

そして3階受付と会場の駿府の間(どーでもいい?(笑))
100222MM-4_1.jpg 100222MM-7_1.jpg

受付を済ませるとブログサポーター用カードとクリアファイルをもらいました。
100222MM-6_1.jpg
カードは会見終了後返却です。
クリアファイルの中身は本日の進行内容と出席者、マンマミーア!の資料。

会場内はこんな感じ。
100222MM-8_1.jpg
1~2列が報道関係者でしょうか。
スタッフの方が「どーぞ前へ」と言ってくれたので遠慮することなく3列目に座りました。
お水とカップが用意されていて、席に着くとササッとコーヒーを入れてくれました。
え、こんな一般人にまで・・・ありがとうございますぅー。
でもさっきランチで大きめのカップに入ったコーヒーをガブガブ飲んでお腹がタプタプなんですが。
コーヒー出るって知っていれば・・・!←しっかり飲み干してきましたよ(笑)。
会場内はマンマのサントラが流れていました。
踊ってしまいそうな私たち・・・(怪)。
うずうず、うずうず。
ああ、8月が待ち遠しいー!!
受付で頂いたものですが、ブログサポーターはマンマビニ袋に資料が入ったクリアファイル、チラ見した感じでは(するな(笑))営業関係者はビニ袋にマンマ資料?+マンマタオル、報道関係者はペーパーバッグに資料とプログラム(他にもあったかも?)をもらっていました。
タオルいいなぁ・・・(笑)。←欲しければ買いなさい!
先に座って待っていた報道関係者でプログラム熱心に見ている方もいました。
期待の程が伺えますね

~~~~~~~~~~
★出席者★
静岡県 知事: 川勝 平太 氏
静岡市 市長: 小嶋 善吉 氏
清水商工会議所 会頭: 杉山 公一 氏
財団法人静岡市文化振興財団 理事長: 石田 徳行 氏
静岡新聞社・静岡放送 代表取締役社長: 松井 純 氏
劇団四季 代表取締役社長 浅利 慶太 氏
ドナ役 出演候補キャスト: 五東 由衣 氏
サム役 出演候補キャスト: 荒川 務 氏

★進行内容(約45分)★
・開会 登壇者紹介
・各出席者挨拶
・質疑応答(マスコミ関係のみ)
・ストーリー紹介、プロモ放映
・キャストナンバー披露
・写真撮影
・会見終了
~~~~~~~~~~
資料は読んでいません(笑)。
だって、別に読まなくても・・・。ねぇ。

ふと横を見ると荒木美保さん、鈴木涼太さん、玉城任さんがいました。
静岡県出身と言うことで呼ばれたそうです。
しかし、私は荒木さんと涼太君はすぐわかったのだけど、玉城さんはお友達に言われるまでわかりませんでした・・・。
何か前より(名古屋MMの時なので1年前(笑))ガングロになったような。

そんなこんなで始まりました。
頭がついていかなくてメモれませんでした。
って、コラー!!
荒川さんは終始ちょっと緊張したような顔をしていました。

1.静岡県知事挨拶
休演日にはマンマ俳優によるアートセミナーを開設する(したい?)とのこと。
東海道ならぬ芸術街道にしたいらしいです。

2.静岡市長挨拶
オペラ座公演の話が来たときは大感動したそうで、マンマ公演の実現がとても嬉しいらしいです。
また静岡公演には3割ほど県外から来ているので、おっかけの人が来やすいのではないかと仰ってました。
おっかけ・・・(笑)。
浅利代表の前でそれを言うか(笑)。
あ、作品おっかけならいいのか。

3.清水商工会議所会頭挨拶
「地方では初めてになるのかしら?」
ひ、広島が先です~!
あと過去の作品について触れていました。
これは皆さん話の中に入れ込んできました。

4.財団法人静岡市文化振興財団挨拶
俳優と観客が一体になれるように頑張りたいとのこと。

5.静岡新聞社・静岡放送代表取締役社長挨拶
マンマが始まるけど、その前に55ステップスが静岡や富士でやるので、それもぜひ観ていただきたいとのこと。
え~~~、私はそこを「ステップバイステップ」と聞こえて、この人は一体何の宣伝をし始めたんだろう・・・と不思議に思っていましたが、不思議なのは私の耳ですよ。

6.劇団四季代表取締役挨拶
挨拶を考えてきたけど言いたいことを全部皆に言われてしまったので、思いついたことを適当に話します、と。(笑)
で、創立の話をし始めたんですけど何言ってるのかちんぷんかんぷん(ちょ)で、完全に私のペンは止まりました。
なので写真を撮ってみました。
100222MM-9_1.jpg

100222MM-17_1.jpg

パープリンの頭で何となく書き取れたのは今まで120を超える場所で公演をしたとか、昔に政治がどーたらで川勝さんを知っていて仕事したとか、本当に思いつきでポツポツ話してる感じでいつ終わるんだって感じでした(笑)。
マンマはアバの曲を使ったカタログミュージカルなのでどーたらこーたら・・・スミマセン・・・楽しんでいただけるとのこと。
そして知事達に向かって「四季専用とは言わないがミュージカル専用の劇場を作れと言ってるんです。市民会館は困るんですよ(笑)。エア何ちゃら(聞き取れませんでした)が大きすぎるので小さいところでやりたい、と。
それでシアターインシアターが出来たのでそれで大きな劇場でも出来るようになった、とか何とか。
アバ世代にもいいけど、若い世代もカテコで総立ちがどーたらこーたら・・・・・・・・・
すみません、メモ繋げられませんでした。

7.五東さん挨拶
笑いあり涙あり、性別関係無しに楽しめる、普通の生活の中にある感動をお届けしたいと思います。

8.荒川さん挨拶
2003年からサム役をやらせていただいてる荒川です。
・・・。
100222MM-10_1.jpg


・・・・・・えっ?何か?(開き直り)


皆さんそれぞれいろいろいろいろ仰ってたんですけど、パープリンなんで記憶も手も追いつかずメモが書けませんでした。
そして諦めました。
・・・ま、どれもただの挨拶ですしね・・・。(←ちょ。
そのうち公式にアップされるのではないでしょうか。(←おい。

長いので2つに分けます。
次は質疑応答です。
期待しないでください(笑)。

役立たずブログサポーターで申し訳ないです。
数年前に比べてかーなーり、脳が退化してまして本当に手が動きませんでした。
写真で雰囲気だけでも味わってくださいませ。
その写真もボケているのですが。はぁぁ~~~~
応援する気持ちはめっちゃあるんですけどねぇ。

続く。
テーマ:劇団四季
ジャンル:学問・文化・芸術
 ブログサポーター
2010年02月21日 (日) | 編集 |
2月11日、四季の公式サイトでこのような募集がありました。

静岡次回公演 製作発表会 ブログサポーター募集のお知らせ

2月22日(月)静岡市内にて、静岡公演・次回作の製作発表会を開催するので、ブログサポーターを募集とのこと。

プーなので平日でもOKよぉ♪
こんな機会はしばらくないと思うのでぜひ参加したい~~~。ので即登録。
地元優先でヨロシコ。

次回作って何かな~(笑)。
ピンクのフリルシャツが似合う男性がめっちゃ笑顔で踊るアレだったりするのかなぁ~。
さっぱりわかんねーよ!マニアックすぎるよ!!(キャストによって衣装変わるし!)
なんて、先に広島上演が決定したマンマミーア!ですよね。
うふ、うふふふふふふふふ。
もうね、これはキャッツを超えたんじゃないかって言うくらい大好きな作品なので近くでやってくれるのが本当に嬉しいですよ。

当選のお知らせは20日の18時まで。
昨日はちょっと外に出ていて、四季友さんもちょうど浜松に来ていたので合流してたわいもない話をしながら連絡を待ちました。
しかし、待てども待てども来ない・・・。
落選かぁーとガックリ。
応募が多かったのかなぁ・・・。

でも今日、四季友さんからメールが来て、確かめると当選メールが来てました~。
わーいわーいわーい。
て言うか、おせーよ(笑)。
そんなわけで明日行ってきます♪♪♪
ここんとこずっと最後まで書き上げることが出来てないのですが、レポ頑張りますねぇ・・・。
テーマ:劇団四季
ジャンル:学問・文化・芸術
 福岡公演の今後について
2010年02月07日 (日) | 編集 |
代表 浅利慶太が来福―福岡公演の今後について会見を行ないました

福岡シティ劇場、8月まではいろんな作品を上演するそうです。
あの休止宣言はてこ入れかと思ったけど9月からは今のところ上演予定なし。

嫌なところたくさんある代表だけど、でも開演前に自ら観客に発表するとか、なかなか良い所もあるのねと少し見直しました(笑)。

変わらず厳しい言葉ややっぱり客のせいにしてるところもあるけど、代表の言ってる事もごもっともだなと思うし・・・。

とは言ってもこの春以降のスケジュール。

4月1日~4月18日まで『クレイジー・フォー・ユー』(21回)
4月29日~5月8日まで『エビータ』(8回)
6月20日~7月18日まで『春のめざめ』(29回)
8月の夏休み期間に子供たちのための無料招待公演


GWにエビータ持ってくるか。
そして8回ってことは完全にあの方がエビータなんだろうか。
もうわざと入場率下げようとしてるとしか思えない(笑)。
キャストで決めるのは好きではないのですが、こればっかりは・・・。
李香蘭もふざけんなって感じだったのに・・・あの動画で完全に観る気失せました。
エビータは演技はもちろんですが歌重視なので・・・。
春めざもどうなんでしょう?
こう言った重い作品は好みが分かれるところですよね。
でも新しい作品を持ってくるのは良いことなのかも?

福岡撤退はたまにしか行かない私でも悲しい出来事でしたが、四季はやるだけのことはやったと思います。
貧乏地方人としてはあとはもう見守るのみです・・・
テーマ:劇団四季
ジャンル:学問・文化・芸術
 アイーダ(13)
2010年02月04日 (木) | 編集 |
2月4日(木) マチネ
電通四季劇場[海] : 1列センター

◆キャスト◆

アイーダ: 樋口 麻美
アムネリス: 光川 愛
ラダメス: 阿久津 陽一郎
メレブ: 有賀 光一
ゾーザー: 飯野 おさみ
アモナスロ: 石原 義文
ファラオ: 前田 貞一郎
ネヘブカ: 松本 昌子 1

【男性アンサンブル】
黒川 輝 1
大森 瑞樹 2
田井 啓 3
品川 芳晃 4
海老沼 良和 5
中村 巌 6
森 健太郎 7
河野 駿介 8

【女性アンサンブル】
岡本 有里加 2
白石 善真 3
大村 奈央 4
小島 光葉 5
杏奈 6
濱田 恵里子 7
長島 梓 8


この色は前回観劇と違うキャスト

前回もレポもまだですねー。
いつか仕上がるといいなぁ・・・(おい)。

以下メモと感想。
******************************


[READ MORE...]
テーマ:劇団四季
ジャンル:学問・文化・芸術
 キャッツ(116)
2010年02月03日 (水) | 編集 |
2月3日(水) ソワレ S回転席4列下手
キヤノン・キャッツ・シアター

◆キャスト◆

グリザベラ: 木村 智秋
ジェリーロラム=グリドルボーン: 朴 慶弥
ジェニエニドッツ: 鈴木 由佳乃
ランペルティーザ: 愛沢 えりや
ディミータ: 団 こと葉
ボンバルリーナ: 西村 麗子
シラバブ: 五所 真理子
タントミール: 八鳥 仁美
ジェミマ: 小笠 真紀 ★
ヴィクトリア: 原田 真由子
カッサンドラ: 蒼井 蘭

オールドデュトロノミー: 橋元 聖地
バストファージョーンズ、
アスパラガス=グロールタイガー: 田島 亨祐
マンカストラップ: 福井 晶一
ラム・タム・タガー: 荒川 務
ミストフェリーズ: 松島 勇気
マンゴジェリー: 川東 優希
スキンブルシャンクス: 岸 佳宏 ★
コリコパット: 金子 信弛
ランパスキャット: 高城 将一
カーバケッティ: 齊藤 太一
ギルバート: 入江 航平
マキャヴィティ: 桧山 憲
タンブルブルータス: 川野 翔

★☆握手猫
色が違うのは前回観劇と違う猫


以下感想。まだ
******************************
テーマ:劇団四季
ジャンル:学問・文化・芸術
 キャッツ(115)
2010年02月03日 (水) | 編集 |
2月3日(水) マチネ C席6列下手
キヤノン・キャッツ・シアター

◆キャスト◆

グリザベラ: 早水 小夜子
ジェリーロラム=グリドルボーン: 朴 慶弥
ジェニエニドッツ: 鈴木 由佳乃
ランペルティーザ: 愛沢 えりや
ディミータ: 団 こと葉
ボンバルリーナ: 西村 麗子
シラバブ: 五所 真理子
タントミール: 八鳥 仁美
ジェミマ: 小笠 真紀
ヴィクトリア: 原田 真由子
カッサンドラ: 蒼井 蘭

オールドデュトロノミー: 橋元 聖地
バストファージョーンズ、
アスパラガス=グロールタイガー: 田島 亨祐
マンカストラップ: 福井 晶一
ラム・タム・タガー: 荒川 務
ミストフェリーズ: 松島 勇気
マンゴジェリー: 川東 優希
スキンブルシャンクス: 岸 佳宏
コリコパット: 金子 信弛
ランパスキャット: 高城 将一
カーバケッティ: 齊藤 太一
ギルバート: 入江 航平
マキャヴィティ: 桧山 憲
タンブルブルータス: 川野 翔

★☆握手猫
色が違うのは前回観劇(横浜初日)と違う猫

お初キャスト
ジェリーロラム:朴慶弥(猫デビュー)
ジェミマ:小笠真紀(猫デビュー)
コリコパット:金子信弛(新役)
マキャヴィティ:桧山憲(新役)


以下感想。まだ
******************************
[READ MORE...]
テーマ:劇団四季
ジャンル:学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。