スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今年もありがとうございましたー。
2010年12月31日 (金) | 編集 |
今年はいつも以上にレポが書けず、常連さんも(いるのか?(笑))検索で来ちゃった方も、わざわざ見に来てくださったのに中身がなくて申し訳ありませんでした
来年もしばらくはこんな感じで細々とやっていくことになりそうですが、またプラッと覗きに来てくださると嬉しいです。

今、帰省中で、世界一景観が良いとか言うスタバにいます。


暗くてよくわかりません…(笑)。
昔、この辺に住んでいたのですが、木材やら草ぼーぼーだった運河の端っこが綺麗に鋪装されて公園になって昔の面影なしです。
人も街も変わっていくんですよね。
私はまだまだ変わりそうもないけど…。
のらりくらりとやっていきますよ。

それでは、皆様良いお年を。
来年もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
 マンマ・ミーア!(37)
2010年12月30日 (木) | 編集 |
12月30日(木) マチネ 
電通四季劇場[海] : 13列

◆キャスト◆

ドナ・シェリダン: 濱田 めぐみ
ソフィ・シェリダン: 江畑 晶慧
ターニャ: 八重沢 真美
ロージー: 青山 弥生
サム・カーマイケル: 阿久津 陽一郎
ハリー・ブライト: 明戸 信吾
ビル・オースティン: 野中 万寿夫
スカイ: 田中 彰孝
アリ: 木内 志奈
リサ: 柏 円
エディ: 大塚 道人
ペッパー: 一和 洋輔

【男性アンサンブル】
田辺 容
杉原 剣(キム スルギ)
友部 正輝(チョ ジョンファン)
大空 卓鵬
正木 棟馬(ソル ドンギュ)
渡井 真一
河野 駿介

【女性アンサンブル】
小島 由夏
観月 さら(キム サラ)
小林 英恵
泉 春花
海野 愛理
大場 沙耶
合田 友紀


この色は前回観劇と違うキャスト



以下レポ&感想。まだ
******************************

[READ MORE...]
テーマ:劇団四季
ジャンル:学問・文化・芸術
 人間になりたがった猫(4)
2010年12月30日 (木) | 編集 |
四季劇場[自由]
12月30日(木) マチネ : 4列

◆キャスト◆

ステファヌス: 種井 静夫
ライオネル: 上川 一哉
ジリアン: 小川 美緒
タドベリ: 吉谷 昭雄
トリバー: 佐藤 夏木
スワガード: 川原 洋一郎

【男性アンサンブル】
玉井 晴章
嶋野 達也
佐藤 晃仁
本城 裕二
名児耶 洋
森 健太郎
八百 亮輔

【女性アンサンブル】
齋藤 舞
今 彩乃
高野 唯
和田 侑子
松尾 美惠子
小島 光葉
濱田 恵里子
秋山 舞
成松 藍
有村 弥希子


以下メモと感想。
******************************

[READ MORE...]
テーマ:劇団四季
ジャンル:学問・文化・芸術
 キャッツ(117)
2010年12月29日 (水) | 編集 |
12月29日(水) マチネ S回転席1列下手サブ
キヤノン・キャッツ・シアター

◆キャスト◆

グリザベラ: 早水 小夜子
ジェリーロラム=グリドルボーン: 金平 真弥
ジェニエニドッツ: 礒津 ひろみ
ランペルティーザ: 石栗 絵理
ディミータ: 原田 真由子 ★
ボンバルリーナ: 西村 麗子
シラバブ: 江部 麻由子
タントミール: 八鳥 仁美
ジェミマ: 撫佐 仁美
ヴィクトリア: 廣本 則子
カッサンドラ: 蒼井 蘭

オールドデュトロノミー: 米田 優
バストファージョーンズ、
アスパラガス=グロールタイガー: 橋元 聖地
マンカストラップ: 武藤 寛
ラム・タム・タガー: 荒川 務
ミストフェリーズ: 岩崎 晋也
マンゴジェリー: 龍澤 虎太郎
スキンブルシャンクス: 劉 昌明
コリコパット: 入江 航平
ランパスキャット: 高城 将一
カーバケッティ: 齊藤 太一
ギルバート: 鈴木 伶央
マキャヴィティ: 桧山 憲
タンブルブルータス: 川野 翔

★☆握手猫
色が違うのは前回観劇(8ヶ月前!)と違う猫

お初猫・・・。
原田ディミ(多分)、江部バブ
米田デュト、橋元ガス、武藤マンカス、龍澤マンゴ、伶央ギル


念願の岩崎ミストー!
別に初めて見るわけじゃないんだけど(でもまだ数える程度・・・)、岩崎さん自体金沢アンデルセンぶりだしこないだのACLで逃げられたし、とにかく久しぶりなので。
ミストメイクやたらカッコいかった。
歌も上手いし、アラスゴンドトゥールナンだかグランフェッテだか何だかわからないけど(いろいろ混ざってる?)、彼なら時間内に32回以上回れるんじゃないかって言うくらいギュルンギュルンの超高速回転で、あまりのすごさに口パカーンて開いてしまいました。
初めてミストにときめいた(笑)。つづく。


以下感想。まだ
******************************
テーマ:劇団四季
ジャンル:学問・文化・芸術
 2009年、観劇記録まとめ。
2010年12月28日 (火) | 編集 |
ただの記録。

1月:5回
2月:8回
3月:6回
4月:4回
5月:7回
6月:3回

7月:1回
8月:3回
9月:4回
10月:5回
11月:4回
12月:8回

◆作品別◆
≪劇団四季≫
マンマ・ミーア!:■■■■■■■■■(9)
キャッツ:■■■■■■■■■(9)
JCSジャポ:■■■■■(5)
むかしむかしゾウがきた:■(1)
JCSエルサ:■■■(3)
55ステップス:■■■■■■■(7)
アンデルセン:■■■■■■■(7)
ウェストサイド物語:■(1)
春のめざめ:■(1)
エルコスの祈り:■■(2)
オペラ座の怪人:■(1)
ライオンキング:■■(2)
アイーダ:■■■■(4)
ドリーミング:■(1)
コーラスライン:■■(2)
≪四季以外≫
ALL SHOOK UP:■■■(3)

55回+3回
----------

合計で58回。
マンマ楽は泣いたな~・・・。
5月に工場閉鎖の話が出て泣く泣く諦めたも公演もあるけど、我慢したのは7月だけみたいです。
逆に来年は観られないかも、と増やしたような気がします(笑)。
この中で贔屓君が出ていたのが9公演。
もともとそんなに出ていないって言うのもあるけど、貧乏人なのでフットワーク重いです。
急には行けまへん。

まだまだ過去の記録も書いてみようと思います。
テーマ:劇団四季
ジャンル:学問・文化・芸術
 2010年、観劇記録まとめ。
2010年12月26日 (日) | 編集 |
ただの記録。

1月:1回
2月:3回
3月:6回
4月:1回
5月:3回
6月:0回

7月:3回
8月:6回
9月:2回
10月:4回
11月:1回
12月:7回

◆作品別◆
≪劇団四季≫
嵐の中の子どもたち:■■(2)
キャッツ:■■■(3)
アイーダ:■■■■■(5)
55ステップス:■■■(3)
はだかの王様:■■■■■■(6)
オペラ座の怪人:■■■(3)
ライオンキング:■(1)
マンマ・ミーア!:■■■■■■■■(8)
コーラスライン:■(1)
人間になりたがった猫:■■■(3)
≪四季以外≫
ディートリッヒ:■(1)
ワンダフルタウン:■(1)

35回+2回('10.12.30)
----------
26日の時点でCATS、マンマ追加予定とあったけど、何故か(理由は一つ)それプラス人猫も入りました~。

合計で37回。
平均して月3回かー。
去年まで50回くらいだったのでだいぶ我慢しました。
もっと減らしたいけど、贔屓君が出るとこれ以上は我慢できないかも・・・。
この中で贔屓君が出ていたのが11公演ほど。
はだかの王様(ファミミュ)6回てのに受けました。
そう言えば近場でやってないからって富山まで行ったっけ~・・・。
あと四季以外は航士君目当て。
CATSが悲しいくらい減りました。
横浜、近いけど遠いです・・・。

あとで過去の記録も書いてみようと思います。
テーマ:劇団四季
ジャンル:学問・文化・芸術
 人間になりたがった猫(2・3)
2010年12月25日 (土) | 編集 |
四季劇場[自由]
12月25日(土) マチネ : 8列、 ソワレ : 4列


◆キャスト◆

ステファヌス: 種井 静夫
ライオネル: 上川 一哉
ジリアン: 小川 美緒
タドベリ: 吉谷 昭雄
トリバー: 佐藤 夏木
スワガード: 川原 洋一郎

【男性アンサンブル】
玉井 晴章
嶋野 達也
佐藤 晃仁
本城 裕二
名児耶 洋
森 健太郎
八百 亮輔

【女性アンサンブル】
齋藤 舞
今 彩乃
高野 唯
和田 侑子
松尾 美惠子
小島 光葉
濱田 恵里子
秋山 舞
成松 藍
有村 弥希子



以下メモと感想。まだ
******************************

テーマ:劇団四季
ジャンル:学問・文化・芸術
 ドキドキワクワクウズウズ。
2010年12月24日 (金) | 編集 |
明日、人猫行ってきます☆
お友達にチケット取ってもらいました。
いつもありがとうございます。
いるといいなぁ~ドキドキ。←とことん運がない女

29日もまた関東へ行きます・・・。
約11ヶ月ぶりにキャッツ観に行きます。
この間、不可思議探偵団を見ていたらキャッツ特集が!(あんまり公式見ないので知らなかった)
岩崎さんかっこいかったですねー。
何かワクワクしちゃってあと4日なのに待ちきれません!
30日はマンマです。
2週間前に観たばっかりですが、もうウズウズしてますよ。

そのまま帰省します。
やっとゆっくり出来まーす。

後で集計してみるつもりですが今年は観劇回数減ったかな?
予定より多く観劇してしまった気もしますが
まだまだ四季観劇止められそうもないな~(笑)。
別に止めるつもりないけど。イヒ。
テーマ:劇団四季
ジャンル:学問・文化・芸術
 マンマ・ミーア!(36)
2010年12月12日 (日) | 編集 |
12月12日(日) マチネ 初日
電通式劇場[海] : 2列

◆キャスト◆

ドナ・シェリダン: 濱田 めぐみ
ソフィ・シェリダン: 江畑 晶慧
ターニャ: 八重沢 真美
ロージー: 青山 弥生
サム・カーマイケル: 阿久津 陽一郎
ハリー・ブライト: 味方 隆司
ビル・オースティン: 野中 万寿夫
スカイ: 田中 彰孝
アリ: 木内 志奈
リサ: 柏 円
エディ: 大塚 道人
ペッパー: 一和 洋輔

【男性アンサンブル】
田辺 容
杉原 剣(キム スルギ)
友部 正輝(チョ ジョンファン)
大空 卓鵬
正木 棟馬(ソル ドンギュ)
渡井 真一
河野 駿介

【女性アンサンブル】
小島 由夏
観月 さら(キム サラ)
小林 英恵
細見 佳代
海野 愛理
大場 沙耶
合田 友紀


この色は前回観劇と違うキャスト

そんなわけで初日行って来ました
101212_0947~02 富士山!!良いお天気です!
101212_1607~02 101212_1605~01
マンマ凱旋公演開幕おめでとうございます。




以下レポ&感想。まだ
******************************

[READ MORE...]
テーマ:劇団四季
ジャンル:学問・文化・芸術
 『クレイジー・フォー・ユー』全国公演チケット先行予約
2010年12月11日 (土) | 編集 |
■『クレイジー・フォー・ユー』 全国公演 (東海・中国)
名古屋・富士・沼津・浜松・豊橋・名古屋・静岡・広島

チケット取りの皆さんお疲れ様でした。
浜松公演、とりあえず1公演を取りました。
もう1公演は大幅遅刻するかもしれないので、当日券C席通路側があればそれで観る予定です。
キャストによっては1公演だけでいいかなぁとも思うけど、CFYを観るのもかなり久しぶりなのでC席で予習をして(何のw)、次の日最前(ログイン遅かったのに取れました)でじっくり楽しみたい気も。

LKの発売もありましたね。
GWに観たいけど、アイーダが大阪に行っちゃうので今回は西に・・・?
でもマンマも観たいので、やっぱ東京にするか?あーうー!と悩みまくりです。

そして、マンマと言えば!
明日は東京公演初日です。
何年ぶりに戻ってきたんでしょうねー(よく知らないw)。
前回の東京公演が初マンマだったんですけど、当時の感想は「多分もう二度と観ない」でした。
その頃、わりと暗い作品ばかり観ていたのでテンションについていけなかったんですねー(笑)。
今はそのハイテンションにウキウキ。
あと、鍋・・・wwwww
二度と観たくないキャストから、結構好きなキャストに変わった鍋さん。
見慣れてしまったっていうのもあるけど、途中から自分でもダメだと気づいたんでしょうね、努力を感じられる部分が多かったので、何か応援したくなりました。
でもなかなか上手くならない(ちょ)、あの不器用さがたまらんです(笑)。
今回もノンブレスに挑戦!!的な息苦しいセリフ聴けるでしょうか。
明日は誰サムなんでしょうか。
それよりも(ちょ)、稽古場キャストによると渡井さんが6枠っぽいのでめっちゃ楽しみです。タンク投げが(笑)。
あと、広島ぶりの河野さん。
廣野さん抜けたのは残念だけど、河野さんも見てみたかったので嬉しいー。
4枠はあれですけど・・・仕方ないですね。人猫行きますよ。
うう、また余計な出費が。
帰省もするし、12月いくら使うことになるんだろうー。

そんな感じで楽しんできやす。
テーマ:劇団四季
ジャンル:学問・文化・芸術
 ちょっとそこまで。
2010年12月05日 (日) | 編集 |
日帰り旅行、To Okayama...

何となくピンときちゃった人は生暖かい目でニラニラ笑ってください。

晴天に恵まれ、とっても良い観光日和でした。
午前中は後楽園に癒されてきました。
CIMG1659.jpg 101205_1131~01
何時間でもいれるわぁ~。
もちろん岡山城も行きましたよ!
遠くに山も見えて、今までずっと立山連峰最高☆って思ってたけど、この旭川から眺める景色(何の山か知らんけど・・・)も最高でした。
あとは食べ物はるるぶを見て気になったものを片っ端から、白桃ソフト・抹茶(きびだんご付)×2・えびめし(アイスコーヒー)・フルーツパフェ・・・。
101205_1030~01 101205_1419~01 101205_1044~01 101205_1106~01 CIMG1688.jpg
やばいくらいの方向音痴なので全て近場で済ませたけど、どれも美味しくて満足

暖かかったとは言え、冬に冷たいものばっかり食べたので、当たり前と言えば当たり前なのですがお腹壊しました。
gr_product02.jpg←困ったときのストッパ頼み。(どーでもいいw)

夕方からはちょっとしたダンスパフォーマンスを観に・・・もにょごにょ。
何と言うか、その・・・

やべぇ、さっっっぱりわかんにゃい。

コンタクトインプロビゼーションとか言うダンスらしいんだけど、ダンスと言うとミュージカルくらいでしか観ないど素人の私にはちょっと難しい類のダンスでした。まさに身体表現。そのまんま。
しばし、目がテン・・・。
このまま最後までこれだったらどうしようかと思ったけど、途中彼と彼女の(何となく察してw)バレエチックなダンスも混ざって、ホッ。
ペアで踊るところとか、さすが息ピッタリで美しかったー。
とは言え、やっぱりメインは何やら不思議なダンスで、何かテーマがあるんだろうけど、ど素人の私にはもはや理解不能。
でも何だかんだ言いつつ口がパカーンと開きつつも、全部で約40分のショウイング、かなり引き込まれてあっという間でした。
面白かったです。
あの劇団ファンの宿命と言うか、急に消えちゃってモヤモヤした気持ちでいたけど、じっくりと彼のダンスを見ることが出来てスッキリしました。
でも、これで本当に最後だな。と思ってガン見するつもりだったけどw、何やら着ぶくれガールが異様な圧倒的オーラを放っていて、ついそっちに目が行ってしまった・・・・・・。
マジか(笑)

しっかし、芸術って奥が深ーーーーーーい・・・。
このダンス、何となく例えるならアールデコって感じ。
エルテっぽかった。何となく。雰囲気が。何となく・・・。
エルテは大好きだけど、こういったダンスはどーかなー。
youtubeで似たようなの観てみたけど、やっぱりワカラン・・・(笑)。

101205_1327~01
もーもたろさん、ももたろさん・・・♪
頭の上に鳩ぽっぽ!

今度またもし岡山に行くことがあれば、次はぶどうと桃が美味しい季節に行きたい
 コーラスライン(17)
2010年12月02日 (木) | 編集 |
12月1日(水) ソワレ
はまホール : センター最前列

◆キャスト◆

ザック: 飯野 おさみ
ラリー: 影山 徹
ダン: 朱 涛
マギー: 勝田 理沙
マイク: 藤原 大輔
コニー: 大口 朋子
グレッグ: 道口 瑞之
キャシー: 滝沢 由佳
シーラ: 増本 藍
ボビー: 丹下 博喜
ビビ: 小松 陽子
ジュディー: 恒川 愛
リチー: 龍澤 虎太郎

アル: 松浦 勇治
クリスティン: 染谷 早紀
ヴァル: 樋口 麻美
マーク: 三雲 肇
ポール: 田邊 真也
ディアナ: 熊本 亜記
フランク: 吉田 龍之介
ロイ: 金田 暢彦
トム: 前田 員範
ブッチ: 安東 翼
ビッキー: 橋本 藍
ロイス: 高田 直美
トリシア: 山 菜摘

が違うのは前回(1年も経ってた・・・)観劇と違うキャスト

今回もお友達にチケット取ってもらいました。
いつもありがとうございます!

以下、感想です。
******************************

いろんなことがいっぺんに起こりすぎてプチパニック。
ロイに何故か今更な金田さん。
トムも何故か前田さん。
前田さんは好きなので嬉しい驚き。
ロイは前回東京で観た宮本さんが可愛かったので(笑)楽しみにしていたのが金田さんになって・・・まぁこれはただただビックリ。

そしてまさかの虎リチー。

ガクッorz
い、岩崎リチーじゃない・・・。

いえいえ、龍澤さんが悪いわけじゃないんです。
ちょっと顔が好みじゃないだけです。(スイマセン・・・)
そして、岩崎リチーが未見なので見てみたかったんです。

で、新リチーとなると気になるのがモンタージュのソロ。

「俺にっボール回せーイェーー!!(えっと・・・奇声?w)俺にっボール回せーイェ~(まさかの低音)」

あまりのはっちゃけぶりにまた最前列で盛大に吹いてしまった・・・。
(前回の浜松公演ではシングで川口アルが声ひっくり返りまくりで涙が出るほど大受け)
思わず「グフッ」って出ちゃって、やべっ!って思ったけどチラッと横を見ると友達も吹いてたので一安心(笑)。
言葉で上手く説明できないのがもどかしいです。
あの松島リチーデビュー時の衝撃には及ばないけど、これもなかなか・・・。
最後まで笑顔で爽やかなリチーでしたよ。
終演後、座ったまま友達と顔を見合わせて、まずやったことは虎リチーの物真似でした(コラ)。
誰に教わって、あの「イェー!」になったんだろうか。
2回目を低音にするのは西尾さんもやってたけど・・・。
そうなるとますます岩崎リチーが見てみたくなった私でした。(←確認?(笑))

て言うか、そこ引きずりまくりで他覚えてないや(´・ω・`)
松島リチーデビュー時の衝撃その2「俺はすげぇラーッキー!!」のところ、虎はどうだったんだろう。
いやしかし、とりあえず好み云々は置いといて、リチー外れがないな!
モンタージュ終盤のダンスがちょっと硬いかな?(踊るのに精一杯な感じ)って思ったりセリフがたまにカタコトだったり濁音だったりすることもあったけど(笑)、今後が楽しみな感じもします。
(でもやっぱり私にとってのフォーエバーリチーは西尾さんですが~)

岩崎さんは外れちゃったけど、今回のACLは久々に私のお気に入りがわんさか
影山さん、朱さん、藤原さん、大口さん、藍ちゃん、小松さん、三雲さん、前田さん・・・等。

もー大ちゃんがかわゆすかわゆす
いや、可愛いと言うよりかっこよくなったかなぁ。
大ちゃん見るのもかなり久しぶりです。
多分1年以上ぶりかと。
私にとってACLは名古屋のイメージが強いので、大ちゃんも朱涛も若くて可愛かったのです。
なので朱ダンも久しぶりでめっちゃ楽しみにしていたら・・・何か急におっさん顔になっていた・・・

よく見ると、藍ちゃんも大口さんも老け・・・・・・。
そうだよね、あれから5年経ってるんだもんね。
(もちろん綺麗なことには変わりはないのだけど)
てことは私も相当老けたってことだよねー
中身は変わらずパープリン。

それはともかく!
顔が老けても(コラ)演技がよけりゃいいのさ!
藍ちゃんシーラは今まで見た中で一番良かったかなぁ。
何か、いい意味で力が抜けたような・・・何か・・・何か・・・そんな感じ・・・。
「まぁ~払った分だけははれたみたいね」の言い方がめっちゃ冷めてて、それがすっごく良かった!!

まーそれはともかく!
とにかく大ちゃんが素敵すぎた。
顔もスタイルもダンスも何もかも好きなんだけど(その割りにすごいファンてわけでもないんだけど)、歌を聴いて「あ、私大ちゃんの声も好きだった!」って。
透明感があって通る声ですよね。
大人顔になっても、目を真ん丸くさせたり相変わらずセリフ喋るときや笑顔がガチガチで血管浮いてたり(笑)。
そういうところもかわゆす。
今まで、他の役の人のシーンってちょっと興味なさげだったんだけど(笑)、今回わりとニコニコ顔で聞いてましたよ。
そして三雲マークが演じている間の微笑み・・・まるでお父さんのようでした(笑)。


まだまだ書きたいことはたくさんあるのだけど、明日の仕事が辛いのでこの辺で。
いつも「この辺で」っていうとそれきりなので多分今回もそれきりです(コラ)。

最近日曜観劇が辛くて、平日なんてもってのほか!でACL好きだけど休憩ないし暗いし・・・開演直前のキャス変にショック受けるしでちょっとテンション下がり気味だったけど、やっぱり観始めると楽しいし、観終わると「また観たい」って思ってしまうのでした。
残念ながら、この1公演で終わり・・・
名古屋、赤毛のアン終わったら次にACL来てくれないかな!
テーマ:劇団四季
ジャンル:学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。