スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 アイーダ(18・19)
2011年04月30日 (土) | 編集 |
4月30日(土) 大阪四季劇場
マチネ : A列センター
ソワレ : C列下手

◆キャスト◆

アイーダ: 井上 智恵
アムネリス: 佐渡 寧子
ラダメス: 阿久津 陽一郎
メレブ: 金田 暢彦
ゾーザー: 飯野 おさみ
アモナスロ: 石原 義文
ファラオ: 勅使瓦 武志
ネヘブカ: 石倉 康子 1

【男性アンサンブル】
黒川 輝 1
朱 涛 2
田井 啓 3
品川 芳晃 4
江田 あつし 5
深堀 拓也 6
森 健太郎 7
徳永 義満 8

【女性アンサンブル】
宝生 慧 2
加藤 久美子 3
大村 奈央 4
駅田 郁美 5
杏 奈 6
高橋 亜衣 7
濱田 恵里子 8


この色は前回観劇(東京公演)と違うキャスト


以下メモと感想。
******************************

阿久津さんの演技が前と違ってたな~。
って、いつも観る度思うような気もするけど。
マチネはちょっと軽い感じがして、戦いが好きな将軍様には見えなかったな~。
逆にソワレはねちっこくて残忍な感じだった。様な気がする。

お洒落Reのところのやり取りは、阿久津さんって感じ。←ちょw
別に嫌いじゃないし面白いんだけど、でも何か、ラダメスって言うより、ただの阿久津さん。て感じ(しつこいw)

井上さんは、今~今~♪がいめ~♪って聴こえるって某BBSでよく読むけど、私は名古屋の時からちゃんと今~♪って聴こえる。
でも、"神が愛するヌビア"の見果てぬ~~ぅぅぅ~~~♪が見果てぬぉ~~~ぉぉぉ~~~♪って・・・orz
見果てぬぉーっ。ぬぉーー。(しつこいw)

メレブの「ありえ~ないぃぃ~♪」もいやいや、あなたがありえんわ。とつっこみたくなるような裏返り。
東京でも観てますが・・・歌に進歩はなかったようです。
もっと歌える人いないのー?(辛口スマヌデス)
やっぱり現メレブでは有賀さんが一番なのかな。

"どうしたらいい"はこっちがどうしたらいい?って言うくらいハモってなかったorz
「オオ~オ~オ~♪」って歌うところ、佐渡さん「ウォウォ~ウォウウォウ~~♪」って歌っててちょっとツボに入ってしまいました。←ちょっとしたことでツボに入る女w

・・・今思い出すのはそんなところw
くだらんことばっかwww
('11/8/19)
スポンサーサイト
テーマ:劇団四季
ジャンル:学問・文化・芸術
 人間になりたがった猫(5)
2011年04月23日 (土) | 編集 |
新名古屋ミュージカル劇場
4月23日(土) ソワレ : B列下手

◆キャスト◆

ステファヌス: 種井 静夫
ライオネル: 上川 一哉
ジリアン: 小川 美緒
タドベリ: 吉谷 昭雄
トリバー: 佐藤 夏木
スワガード: 牧野 公昭

【男性アンサンブル】
新庄 真一
嶋野 達也
佐藤 晃仁
酒井 良太
北山 雄一郎
渡邊 今人
八百 亮輔

【女性アンサンブル】
小島 光葉
齋藤 舞
高野 唯
牧野 友紀
松尾 美惠子
高橋 沙耶
勝間 千明
渡辺 由紀乃
柵木(マセキ) あゆ美
有村 弥希子


以下メモと感想。まだ
******************************

初日のソワレ公演。
ちょうどその辺りに眼科の定期健診があったのでタイミングよろし・・・とチケ取り。
朝一に予約してマチネも観れないこともなかったけど、そこはのんびりと・・・。

確か、4月にマンマを観に行った次の週に嶋野くんが4枠登板で、人猫出ない?!と焦り(そして何で自分が観に行った次の週~~~ってw)、でもすぐ消えたのでホッとしつつもドキドキしながら初日を迎えたような気がしますw

作品自体とてもいいので、やっぱり頑張ってマチネも観れば良かったかな?
嶋野くんの床屋さんルック、ホント素敵。
2幕の火事場でボタンが外れるのがまた良いのwww
舞台に集中してんのねって。

東京と同じくお見送りあり。
ロビーが広いせいか、アンサンブルさんたち散り散り。
上手側はわりと固まっていたけど、下手側(クロークの前)なんか数人しかいなくて、そのせいか時間が経つと寄ってくるお客さんも少なくて・・・暇そうだったw
まぁ、嶋野くんと酒井くんなんですがwww
テーマ:劇団四季
ジャンル:学問・文化・芸術
 キャッツ(118)
2011年04月10日 (日) | 編集 |
4月10日(日) マチネ S回転席1列下手サブ
キヤノン・キャッツ・シアター

◆キャスト◆

グリザベラ: 木村 智秋
ジェリーロラム=グリドルボーン: 金平 真弥
ジェニエニドッツ: 鈴木 由佳乃
ランペルティーザ: 石栗 絵理
ディミータ: 坂田 加奈子 ★
ボンバルリーナ: 西村 麗子
シラバブ: 五所 真理子
タントミール: 高倉 恵美
ジェミマ: 小笠 真紀
ヴィクトリア: 斉藤 美絵子
カッサンドラ: 大口 朋子

オールドデュトロノミー: 米田 優
バストファージョーンズ、
アスパラガス=グロールタイガー: 飯田 洋輔
マンカストラップ: 武藤 寛
ラム・タム・タガー: 荒川 務
ミストフェリーズ: 松島 勇気
マンゴジェリー: 斎藤 洋一郎
スキンブルシャンクス: 劉 昌明
コリコパット: 横井 漱
ランパスキャット: 高城 将一
カーバケッティ: 齊藤 太一
ギルバート: 龍澤 虎太郎
マキャヴィティ: 桧山 憲
タンブルブルータス: 岩崎 晋也

★☆握手猫
色が違うのは前回観劇と違うキャスト

お初猫・・・。
斎藤マンゴ、横井コリコ


以下感想。まだ
******************************
テーマ:劇団四季
ジャンル:学問・文化・芸術
 マンマ・ミーア!(38)
2011年04月09日 (土) | 編集 |
4月9日(土) ソワレ 
電通四季劇場[海] : 2列(最前列)

◆キャスト◆

ドナ・シェリダン: 樋口 麻美
ソフィ・シェリダン: 谷口 あかり
ターニャ: 八重沢 真美
ロージー: 青山 弥生
サム・カーマイケル: 渡辺 正
ハリー・ブライト: 明戸 信吾
ビル・オースティン: 脇坂 真人
スカイ: 鈴木 涼太
アリ: 木内 志奈
リサ: 柏 円
エディ: 川口 雄二
ペッパー: 大塚 道人

【男性アンサンブル】
平田 郁夫
杉原 剣
天野 陽一
大空 卓鵬
飯村 和也
渡井 真一
河野 駿介

【女性アンサンブル】
真 優香
小島 由夏
小林 英恵
細見 佳代
山中 由貴
大場 沙耶
合田 友紀


この色は前回観劇と違うキャスト


以下レポ&感想。
******************************

樋口ドナ!!
若いドナは名古屋マンマの井上ドナぶりですかね。
意外とはまっていてよかったです。
すっかり忘れているので適当だけど、保坂ドナとずっと演じてきただけあって、保坂ドナと似ているのかなー?って思いました(雰囲気とか演技とか・・・)
私は実は別に保坂ドナ好きじゃなくて五東ドナや早水ドナが好きだったりするんだけど、保坂さん寄りの樋口ドナ、好きだな~。
歌もすごく良いんだけど、2幕の何ちゃらかんちゃら(ちょ!w)とスリッピング~の裏声がかなりいただけなかったです
急に子供みたいな声で・・・・・・。
それ以外はとにかくよかった!!
渡辺サム。
ドナに会うときの「ハイ」は荒川サムが一番面白いけど、セリフも聴いてて息苦しくなるけどw、でもあの歌やら演技やらを見ると、ホッとすると言うか、意外とサムはまってるんじゃないかと。
て言うか、完全に渡辺サムがデフォになっているだけのような気もwww
川口エディ、久しぶりで嬉しい。
どんどんオッサ・・・ううん、いいの。
テーマ:劇団四季
ジャンル:学問・文化・芸術
 夢から醒めた夢(24)
2011年04月09日 (土) | 編集 |
4月9日(土) マチネ
四季劇場[秋] : 1階S席7列

◆キャスト◆

ピコ: 岡村 美南
マコ: 苫田 亜沙子
マコの母: 早水 小夜子
メソ: 厂原 時也
デビル: 川原 洋一郎
エンジェル: 川島 創
ヤクザ: 野中 万寿夫
暴走族: 西尾 健治
部長: 菊池 正
老人: 高橋 征郎
老婦人: 丹 靖子
夢の配達人: 道口 瑞之

【男性アンサンブル】
鈴木 伶央
三宅 克典
小野 功司
前田 員範
星 潤
入江 航平
須永 友裕

【女性アンサンブル】
大橋 里砂
木許 由梨
相馬 杏奈
田村 圭
橋本 藍
織田 なつ美
森田 真代
井上 万葉
内田 莉紗
月丘 みちる


この色は前回観劇(2008年w)と違うキャスト

以下レポ&感想。
******************************

3年ぶり。
好きな作品だけど、この頃からマンマにはまったのと会社の事情とかで遠出は我慢していたら、こんなに間が開いてしまいました。
昔からのキャストさんもまだたくさんいらっしゃるけど、前回と比べるとこんなことにw

岡村ピコめっちゃよかった!
笑いどころはまだまだって感じたけど、歌がー!聴いてて気持ちいい!
苫田マコも知らない間に歌が上手くなっていてビックリ・・・。
演技もぶりぶりしていなくてよかった。
ちょっと痩せた?前回観た時より年は取っているのに、今の方が外見も雰囲気もマコに合ってる・・・かな?
メソが大ちゃんだと思って、ウキウキしていたんだけど、ロビパフォで近くで見たとき何か違和感・・・こんなに目細かったっけ?
ベル鳴らし隊wで横を通った時の顎の骨格を見て、やっと大ちゃんじゃないことに気づき(そこで気づくかw)やっとキャスト表で確認したら厂ちゃんwww
・・・最近キャストを確認しない女・・・。
だ、大ちゃーん←大ちゃん好き。
でも厂ちゃんメソもよかった。
目がキリッとしてるせいか、いじめられっこ役より昔の受験地獄バージョンの方が似合うかな~って思いました。

男性アンサンブル、三宅さんがちょいちょい消えてました。
何かアクシデントでもあったのでしょうかね?
前田さんがいたのは嬉しい。好き!
かなーりミスがなくなって(ミスと言ってもちょっとぐらつくとかそういう程度だけど)、キビキビ踊ってかっこよかったー。
でも笑顔は変わらず可愛いー!
女性アンサンブル、森田さん
可愛いし、とても優雅に踊るし、かなりお気に入りさんです。
アフリカ子供がとっても残念だった・・・・・・・・・。
テーマ:劇団四季
ジャンル:学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。