スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ALL SHOOK UP(1)
2007年12月16日 (日) | 編集 |
12月16日(日) マチネ
青山劇場 6列目下手側




◆キャスト◆

チャド: 坂本 昌之

ナタリー・ハラー/エド: 花影 アリス
ミス・サンドラ:湖月 わたる
デニス: 岡田 浩暉
シルビア: 諏訪 マリー
ジム・ハラー: 尾藤 イサオ

アール保安官: 青山 明
ディーン・ハイド:原田 優一
マチルダ・ハイド町長: 伊東 弘美
ロレイン: 尾藤 桃子

【アンサンブル】
青山 航士
折井 洋人
丹宗 立峰
歌山 ゆき


石川 剛
坂元 宏旬
橋本 好弘
桑原 麻希


織田 和馬
下道 純一
浅野 実奈子
福田 えり


*******************************

あー笑った笑った。
とてもハッピーで面白いミュージカルでした!!
また観に行きたいなと思って日程見たら東京は21日で終わり。
大阪なんかもっと短い。
ロングランに慣れてる私にとって、これは短すぎるー!
しょっちゅう再演するならいいけど・・・何かもったいない。

それくらい面白い舞台でした。


以下、感想と言うか、覚書きです。
で、相変わらずまとまらなくて、やっぱり長い

ACT1
◆Scene1 監獄
"Jailhouse Rock"
監獄にいるチャドは女泣かせで有名。
そんな彼がとうとう出獄することに。


一番に思ったのは、「あ、やっぱり日本語きつい(笑)」
知らないより知っていた方が良いかな、とCDを購入して・・・一通り聴いて、これ日本語で歌うのー?!と。
でもすぐに慣れたけどね。
あとCDのチャドの声に慣れていたので、坂本チャドに途中までちょっと違和感感じてました。
歌声が優しすぎるかな、と。
でもALL~の生舞台はもちろん初めてなのですぐに私の中で馴染んじゃって、無問題。
航士君、途中から下手側でサックス持って踊る囚人役。
お得意のターン、とても綺麗です☆
あとプチソロもあり。
「お前はここじゃ一番さ~♪」
私にはあなた(航士君)が一番です(アイタタ)。
元四季の青山さんを拝見するのはもしかして初めてかも。・・・もしかしたらオペラ座で観たことあるかも。
ここでは看守役として登場。
ベテランならではの台詞回し、さすがですね~。面白かったです。

◆Scene2 シルビアのホンキートンク
"Heartbreak Hotel"
とある田舎町。
町長のマチルダによって風紀が厳しく取り締まわれていて、町の皆は退屈している。
嘆く人々の中ナタリーは素敵な男性に出会うことを夢見ていた。
幼馴染のデニスはそんなナタリーに想いを寄せているが、気弱な彼は伝えることが出来ず・・・。


岡田デニスに恋してしまいそう(笑)。
なよなよひょろひょろしてて、それがまたすっごく面白い。
で、いつもニヘニヘ笑っているんだけど、その笑顔が・・・か、可愛いー!!
航士君目当てだったんだけど・・・気がついたらデニス観てました
航士君はビール瓶持って、退屈な毎日にうんざりしてるような役。←皆そうだけど
水色と白のボーダーのようなチェックのような?シャツにジーンズ。

◆Scene3 町のメインストリート
"Roustabout"
"One Night With You"
"C'mon Everybody"
そんな町に、バイクとともにチャドが登場
早速そのルックスで町の女をとりこにしていくチャド。
ナタリーもいきなり現れたチャドに恋をしてしまう。
風紀の厳しい町、音楽がないなんてつまらない!と、チャドが店に置いてある壊れたジュークボックスに手を置くと・・・。


チャドの登場、やばい!!
コント?これコントですか?
客席からも笑いが起きてたけど・・・ここ笑うところ?
台詞回しも、めっちゃ気取った喋り方で、まるでディラン(なだぎ武)のようでした。
ナタリーはキャサリン(友近)のようでした・・・。
ダメだー!
もう一人で大うけ。
花影さんは現役宝塚の人なんですね。
顔ちっさい!細い!脚長い!可愛い!
でもキャサリン・・・ブブブッ。
"C'mon Everybody"はサントラを聴きまくって、とっても大好きになった曲。
どう歌うんだろう・・・とドキドキしていたら
「ヘイッヘイッヘイッ愛し合おうぜ~♪」だった。
(サントラに歌詞カードついてないから、何歌ってるんだかさっぱりなんだけど・・・え!こんな歌詞なの?)
鼻で笑っちゃったけど、でもやっぱりこの歌好きだ~!

◆Scene4 ジムのガソリンスタンド
"Follow That Dream"

ちょっと覚えていない・・・

◆Scene5 町の美術館の外
"Teddy Bear/Hound Dog"
デニスに町を案内してもらっていると(違ったかも)、美術館から素敵な女性(サンドラ)が出てくる。
一目惚れしたチャドはサンドラを口説くが・・・。


「ホットな美術館でホットな女性を見るとホットな気持ちになるんだ」
ちょっとツボでした(笑)。
サントラでチャドが「ウォウウォウウォウー♪」って吠えるんだけど、はぁ?って思ってたらそういうことかー。
サンドラを追いかけるチャドがめっちゃ面白い。
ラブミーテンダーはここだっけかな?
サンドラの叩きっぷりが凄い!
パーン!ていい音したもん。
もーめっちゃ笑ってしまいました。
坂本チャドの壊れっぷり?は凄いですよ。
やっぱり舞台で笑わせるのって、バラエティーやドラマとはまた違うと思うのです。
全てを通して言える事だけど、ここまでやってのけた坂本さんて凄いなー!と思いました。
で、こんな笑えることやっててもカッコイイのね・・・

◆Scene6 シルビアのホンキートンク
"That's All Right"
何かが変わり始めた・・・。
町中、ハートが飛び交う中、マチルダ町長が見回っていると、そこにイチャイチャしてるロレインとディーンが。


マチルダ町長の「アール(保安官)、見たことあーる?」とか「ガソリンが高いからってけちけちしないでよ!」
一歩間違えればとてつもなく寒くなりそうなテンション、でもそんな大げさなところも舞台の面白いところ。
思わずプププッと笑ってしまいました。

ディーンの「僕、もう踊れるんだよ!」と言ったあとのダンス・・・。
踊っているのはロレインでディーンは支えているだけですが(笑)。
そこかしこに笑いのツボが置いてあって、もうどうしよう。
もう楽しすぎるー。

◆Scene7 バス停
"It's Now or Never"
親に交際を反対されたロレインとディーン。
ディーンはマチルダ町長に陸軍何ちゃら(忘れた)の学校に入るよう言われ、バス停でバスを待っています。
そこへロレインが・・・・・・。


ロレインー!!!
その登場は何だー!!!
自転車もバスもわざとらしさが良かったです。
ここは笑いどころでいいんだよね?!
でも歌は聴かせて貰いました~。
めっちゃ良い曲だし、桃子ロレインと原田ディーンの歌が本当に上手で。
正直、最初プログラムを読んだ時"親子初共演"とか書いてあって、大したことないのかな?なんて勝手に思ってたんだけど・・・桃子さん、ごめんなさい!!
とても良かったです。

◆Scene8 ガレージの外
"Love Me Tender"
"Blue Suede Shoes"
チャドになかなか相手にしてもらえないナタリー。
そこに少し勇気を出したデニスが現れて手紙を渡そうとするが、ナタリーはデニスの被っている帽子を見て、男になればチャドに近づける!とひらめく。
そしてチャドの前に現れたナタリー・・・。


デニスが何だか可哀想なんです。
なよなよしてて彼が一番舞台の中で笑わせているのだけど、ふと見せる表情が、もうー切ない。
その使い分けと言うか、見事に演じきってる岡田さんが凄い!!
皆、本当に引き込まれてしまうのだけど特に岡田さんが気に入りました。
花影ナタリーは、プログラムにも書いてあるけどほとんどが地声で歌っていて、それが良い意味で少女ぽくてよかったです。
でも途中高音を声楽ぽく歌って、それが綺麗だったのでいつか彼女のちゃんとした歌を聴いてみたいな~と思いました。
多分、慣れない歌い方でとても大変だったのではないかと思います
でも下手と感じさせないところが凄い。
(あ、いや・・・いつも観てる舞台はさぁ・・・・・・)

◆Scene9 町の靴屋前
"Don't Be Cruel"
サンドラに恋をしてしまったジムはチャドに相談する。
チャドが現れてから皆変わり始めていく。
そしてジムは・・・。


心を決めるんるん気分で去っていくジムを見て、チャドも真似してスキップ(とは違うけど)して跳ねながら捌けて行く所も面白い!

◆Scene10 美術館の庭園
"Let Yourself Go"
チャドにサンドラに愛の詩を書いた手紙を渡すように頼まれたエド(ナタリー)は、美術館に行ってサンドラに手紙を渡すが・・・。

もーびっくりでした。
恋に落ちた人はいきなり両手を挙げて「今夜だけ~♪あなたと二人で~~♪」と歌いだすんだけど、サンドラまでー。
才色兼備な女性も恋をするとここまで変わるんだ~。
ていうかもうはちゃめちゃなお話です(笑)。
ビックリしたのはそこじゃなくて、もう少しあと。
美術館の庭園てことで銅像が何体か置いてあるんだけど、それがいきなり動き出したー!
アンサンブルの方でした。
で、途中から消えていた航士君もそこにいました。
そういうことかー。
最下手にいたのが航士君かな?と思いながら観ていたのだけど、最後航士君最上手の台に乗っちゃった。
あれ?あれ?
さすがにグレーに塗りたくった顔はちょっと判別つきづらかったです
次はここ、双眼鏡で要チェック!
(私が見ていた人はちゃんと航士君でした~@29日観劇)

◆Scene11 町のメインストリート
"Can't Help Falling in Love"

ちょっと内容覚えてない・・・汗
でもチャド、ナタリー、デニス、サンドラ、ジムの切ない叫び、ジーンと来ました。
とにかくデニスが・・・(もうデニス大絶賛)。


2幕へ続く・・・いつか、そのうち・・・。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。