スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 劇団四季ソング&ダンス 55ステップス(7)
2009年12月25日 (金) | 編集 |
12月25日(金) ソワレ
福岡シティ劇場 : C列センター
◆キャスト◆

【ヴォーカルパート】
金森 勝
高井 治
李 涛


井上 智恵
鈴木 ほのか
今井 美範

【ダンスパート】
鎌滝 健太
斎藤 准一郎
君島 龍矢
徳永 義満
厂原 時也
花島 佑介
金久 烈
新庄 真一
前田 順弘


加藤 久美子
駅田 郁美
井上 佳奈
須田 綾乃
柴田 厚子
岡村 美南
小菅 舞
原田 麦子
今 綾乃
泉 春花


この色は前回観劇(大阪公演)と違うキャスト
担当が変わっているのであんまり枠にこだわることないかも(^^;)

そんなわけで福岡行っちゃいましたー。
25(金)~27(日)の2泊3日で観光もしたかったので、4公演見れるところを3公演に押さえました(笑)。

交通費はのぞみ早得切符を利用しました。
浜松~福岡が往復28000円で行けるのはとても助かります。
4時間半と電車に乗ってる時間は長いけど、帰省もそれくらいかかるので全く苦ではありません(^^)
ホテルは会社のサービスを利用してちょっとお安く。
合計してもJRプランより安く出来たので良かった良かった。
それでも高額なので、今カードの引き落としがドカーンと来て泣きそうです。

いつも新幹線は乗って軽く食事をしたら即寝なんだけど今回はコロプラの旅も兼ねているので頑張って起きていました。
途中意識飛んだけど。お土産増えましたv

お昼頃に博多駅に到着、荷物をホテルに預けていざ太宰府天満宮へ。
夏にも行ってるんですが行き方をすっかり忘れてしまって、天神駅で最初と違う出口に出たらもう右も左もわからず(笑)。
地図を見て固まっているところに、何かのキャンペーン中で宣伝してた男性(駅員?)が声をかけてくれて何とか西鉄に行ける事が出来ました。
やばいくらいの方向音痴です(笑)。
まぁ何とか無事に着きました。

091225_1413~01 091225_1357~01
梅~~~。
091225_1416~02 091225_1417~01
就職成就のお守りがあるので、購入しました。めっちゃ神頼み。
091225_1434~01 091225_1454~01
チャンポンとよもぎの梅が枝餅(食べかけ失礼(笑))。


以下ただの感想。ぐっちゃぐちゃ。
091225_1810~01 091225_1813~01
福岡公演恒例?のカウントボードとロビーに飾られてたアレ。
091225_1815~02 091225_1820~01
クリスマスと言うこともあり、俳優からのクリスマスメッセージボードも飾られていました。
それぞれ個性が出ていて面白かったです。
前田さんひどかったですね~(笑)。
幼稚園児のお願い事みたいでした(笑)。
一番気に入ったのは柴田厚子さんです。

回数が少ないながらもとりあえず各公演地で観ていますが、今回お初なキャストさんが多かったです。
お初なキャストと言うか、お初な役者と言うか・・・もうあなた誰?みたいな。
そんなのどの作品でもあるんですけど、ソンダンはちょっと特別なイメージがあったのでビックリでした。
抜擢されるだけあって皆さんお上手なのでしょう

シンガーはスンラさんとほのかさんがお初です。
ほのかさんの声苦手なんです・・・
なので私にはどの歌も合っているようには思いませんでした。
(好みの問題です、スミマセン)
とくにメモリーはしっとりと歌っているにもかかわらずかすれかすれなので響いてくるものがなくて。
ソンダン55よりソンダン2の3枠だったらかっこよかったかも。
でも"最新ニュースのジャヴァ"の笑顔はとっても可愛くて良かったです。

スンラさんは、何て言うんでしょう・・・スンラさんだなぁ~って(笑)。
一瞬にして世界に入れるんですね。何をやっても熱演。熱い人です。

今井さんは2回観ていますが、すっごい変化ありました。
今井さんも苦手な人なんですが(歌もオーバーな演技も)、今回は今までみたく自己主張激しすぎの喉声でガー!と歌うのではなく、時に裏声で時に切なく歌い上げていました。
演技も控えめで良かったです。

ナンバーごとに思ったことなどなど・・・。
ほとんど忘れかけてるのであんまり書くことないですけど。

◆第一幕◆
オーヴァーチュア――間奏曲、四季
ようこそ劇場へ――アプローズ
バーレッスン中の男性は満寧さん、花島さん、新庄さんだったかなぁ・・・。
前回と微妙に担当違うし、全くメモっていないので完全に忘れてしまいました。
他の二人に比べてとにかく満寧の動きは素敵でした。
花島さんの明日のジョーみたいな髪型は何でしょうね・・・。

アプローズ――アプローズ
君島さん可愛かったですよ。

愛の物語――アイーダ


勝利ほほえむ――アイーダ

星のさだめ――アイーダ

シャドーランド――ライオンキング

早く王様になりたい――ライオンキング
前田さんの歌がとってもまともになっていました。
「早く、おーさまにっ!なりたーい♪」が裏声でもなく変にかすれることもなく歌いきってました。
演技?もさすがに慣れてきていて、結構面白かったです。
ボクシングのパンチングボール?をポスポス叩く姿もめっちゃ可愛かったです。
やっぱ出来ない子なんだ(笑)←あ、設定上のことです。
せっかく厂ちゃんがいるのに~とちょっと思っちゃったけど、前田さんで十分良かったです。
満寧も、「あ、この人表情あったんだ・・・」(←ちょ)と思うくらい、いろんな表情していました。
無表情なのも面白かったけど、表情が変わっても面白かったです。

最新ニュースのジャヴァ――壁抜け男
ほのかさん、笑うと可愛いです。
でも笑いジワがすごくて(スミマセン・・・)、やっぱりそれなりの年なんだなーと気づきます。
だから何だって話なんですが。
めっちゃ笑う時以外はとても40歳代には見えないくらい可愛いんで。

僕の願い――ノートルダムの鐘
ちょっと調子悪かったのかなぁ~?
ちょっと音外しがちでした。

トプシー・ターヴィー――ノートルダムの鐘
「さあ皆、はじまるばーい!」
スンラさんが方言使ったー。
すっごい目を見開いて楽しそうに歌っていました(笑)。
逆さま歩きは厂ちゃんでした。
グヨルさんは何でしょうね・・・完全に猿化していましたね。
加藤エスメラルダのダンスとスンラさんの「ダンス!」に合わせて、ウッホッホ。・・・じゃなくて体を大きく上下に揺らしながら手拍子してる姿は完全にゴリラでした。
下手にいるじゃないですか。
私は何故センターに座っているのに顔を左に向けているのかしら。と思うくらい猿グヨルに夢中でした。

ゴッド・ヘルプ――ノートルダムの鐘

チム・チム・チェリー――メリー・ポリンズ
高井さんもだんだん楽しそうにやり始めましたね~。
最後は何をしたいのかいまいちわかりませんが、そんな微妙な感じがたまらなく可愛いです(笑)。

夢があるから――マンマ・ミーア!

手をすり抜けて――マンマ・ミーア!

ドレミの歌
ランダムでした。
ファの人でした。
ビックリでした。
ファは初めて見る方だったので、あとでプログラムで確認。
井上さんでした。
何度やっても緊張します。
井上さんの笑顔が救いでしたよ。
後ろに行った時の高井さんの慌てふためいた行動も最高です。
もうたまらん~。
最後エスコートしてくれた方もお初な方でどなたかわかりませんでした。
女性でしたが・・・誰だったんだろう。

パート・オブ・ユア・ワールド――リトル・マーメイド
今井さんが控えめに歌ってくれたので、この曲も良かったです。
ただ、髪型のせいかイエスフォーリンラブの人にしか見えなかった・・・スミマセン・・・。

ビー・アワ・ゲスト――美女と野獣
グヨルが歌ってました。
いやー、良かったですよ。
変な髪形でちょっといまいちに感じた花島さんですが、帽子で髪を押さえたらかなりカッコイかったです。
あの髪型はもったいないぞ・・・。

◆第二幕◆
夢を配る――夢から醒めた夢
加藤さんが歌ってました。
振付変わったような気がします。

夢をつづけて――ユタと不思議な仲間たち

見果てぬ夢――ユタと不思議な仲間たち

アレキサンダーズ・ラグタイムバンド――ミュージカル異国の丘

名も知らぬ人――ミュージカル異国の丘

二つの祖国――ミュージカル李香蘭

炎の祈り――ミュージカル南十字星
さっぱりわかんねーです。

バリ舞踊――ミュージカル南十字星
駅田さんが真ん中でした。
両隣に加藤さんと井上さん。

祖国――ミュージカル南十字星
変わらず熱演中のスンラさんとスンラさんの歌に酔いしれる人々がいる中で・・・私は見てしまった。
ズボンの左右の長さが違う・・・。
何だろう、何でだろう。
チャイナ製だろうか(おい)。
どうしよう、こんな泣ける歌なのに!私は今!そんなことよりスンラさんのズボンの長さが気になって仕方がない!

ピラトの夢――ジーザス・クライスト=スーパースター

ラム・タム・タガー~つっぱり猫――キャッツ

メモリー――キャッツ
ソロダンサーは加藤さんでした。
うーん・・・・・・、ここは須田さんで見たかったような・・・。
(須田さんが踊ってた時もあるんですね)
ちょっとダンスの雰囲気が違うかな?と思いました。

ミュージック・オブ・ザ・ナイト――オペラ座の怪人
やっぱ高井さんは素晴らしい~。
ここってちょっと振付変わりました?
前に斉藤さんから今さんに変わったときは、ちょっと物足りないかなぁと感じましたが、何回か観ていると、ここは今さんが似合っているかもと思いました。
斉藤さんは背も高いしスタイル良いし、何よりも踊っている時の堂々とした感じがこの曲に合っていないかな?
儚げクリスが大好きだったので、やっぱりここもそういうの求めてしまうんでしょうね。
今さんの小ささと儚げな表情が、この曲に合ってて好きだな~と思いました。

後半、グヨルが後ろ歩きで階段の奥に消えていくところ、微妙に位置がずれていて、このまま行ったら閉まっていく階段にぶつかる・・・と心配してたらやっぱりガツンとぶつかってしまいました(笑)。

飛躍に向かって――エビータ

ブエノスアイレス――エビータ
この曲好きで、ついニヤニヤしてしまいます(笑)。

スターライト・エクスプレス――スターライト・エクスプレス


ヴァリエーションズ――ソング・アンド・ダンス
ソロダンサーは須田さんでした。
須田さんあいらんぶゆーな私ですけど、これは、うーーん・・・。
他のダンスではめっちゃかっこよく踊っていてワイルドな部分を感じたりもするんだけど、ヴァリエーションズで何故か女性らしいしなやかさが際立ってました。
ちょっと似合わないって言うか、今いるメンバーだったら加藤さんで観たかったなぁと思いました。

スーパースター――ジーザス・クライスト=スーパースター
スンラさんが激しくスーパースター歌ってる~・・・。

アイ・ガッド・リズム――クレイジー・フォー・ユー
真顔で一度も顔上げることなく必死にドラム叩いていた川東さんとは違って、めっちゃ楽しそうに叩いてた鎌滝さん。
その姿がとにかく笑えて笑えて・・・、目が離せませんでした。

恋のウォーター・ルー――マンマ・ミーア!
早くマンマ観たーいです。うずうず。うずうず。

魔法使いと私――ウィキッド
楽しいけど、ウィキッド1回しか観ていないので実はピンときません(笑)。


ナンバータイトル見たら何か思い出すかな?と思ったけどこれが限界だった・・・。
奇跡的に思い出したら追記します。
グチャグチャのままでスイマセン。

気になったことだけつらつら書いちゃったんで、何かアレな感想だけど、めっちゃ楽しかったですよ。
ソンダン大好きです。

そう言えば特別カテコありました。
原田さんが下手のボテに座って、サックス吹いてくれました。
おお、スゲー。

・・・・・・あとはサイリューム振った事しか覚えてな・・・・・・。


何か全国公演始まったと言うのに今さら12月の記録でスミマセンー。(10.1.23)
テーマ:劇団四季
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。