スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 コーラスライン(17)
2010年12月02日 (木) | 編集 |
12月1日(水) ソワレ
はまホール : センター最前列

◆キャスト◆

ザック: 飯野 おさみ
ラリー: 影山 徹
ダン: 朱 涛
マギー: 勝田 理沙
マイク: 藤原 大輔
コニー: 大口 朋子
グレッグ: 道口 瑞之
キャシー: 滝沢 由佳
シーラ: 増本 藍
ボビー: 丹下 博喜
ビビ: 小松 陽子
ジュディー: 恒川 愛
リチー: 龍澤 虎太郎

アル: 松浦 勇治
クリスティン: 染谷 早紀
ヴァル: 樋口 麻美
マーク: 三雲 肇
ポール: 田邊 真也
ディアナ: 熊本 亜記
フランク: 吉田 龍之介
ロイ: 金田 暢彦
トム: 前田 員範
ブッチ: 安東 翼
ビッキー: 橋本 藍
ロイス: 高田 直美
トリシア: 山 菜摘

が違うのは前回(1年も経ってた・・・)観劇と違うキャスト

今回もお友達にチケット取ってもらいました。
いつもありがとうございます!

以下、感想です。
******************************

いろんなことがいっぺんに起こりすぎてプチパニック。
ロイに何故か今更な金田さん。
トムも何故か前田さん。
前田さんは好きなので嬉しい驚き。
ロイは前回東京で観た宮本さんが可愛かったので(笑)楽しみにしていたのが金田さんになって・・・まぁこれはただただビックリ。

そしてまさかの虎リチー。

ガクッorz
い、岩崎リチーじゃない・・・。

いえいえ、龍澤さんが悪いわけじゃないんです。
ちょっと顔が好みじゃないだけです。(スイマセン・・・)
そして、岩崎リチーが未見なので見てみたかったんです。

で、新リチーとなると気になるのがモンタージュのソロ。

「俺にっボール回せーイェーー!!(えっと・・・奇声?w)俺にっボール回せーイェ~(まさかの低音)」

あまりのはっちゃけぶりにまた最前列で盛大に吹いてしまった・・・。
(前回の浜松公演ではシングで川口アルが声ひっくり返りまくりで涙が出るほど大受け)
思わず「グフッ」って出ちゃって、やべっ!って思ったけどチラッと横を見ると友達も吹いてたので一安心(笑)。
言葉で上手く説明できないのがもどかしいです。
あの松島リチーデビュー時の衝撃には及ばないけど、これもなかなか・・・。
最後まで笑顔で爽やかなリチーでしたよ。
終演後、座ったまま友達と顔を見合わせて、まずやったことは虎リチーの物真似でした(コラ)。
誰に教わって、あの「イェー!」になったんだろうか。
2回目を低音にするのは西尾さんもやってたけど・・・。
そうなるとますます岩崎リチーが見てみたくなった私でした。(←確認?(笑))

て言うか、そこ引きずりまくりで他覚えてないや(´・ω・`)
松島リチーデビュー時の衝撃その2「俺はすげぇラーッキー!!」のところ、虎はどうだったんだろう。
いやしかし、とりあえず好み云々は置いといて、リチー外れがないな!
モンタージュ終盤のダンスがちょっと硬いかな?(踊るのに精一杯な感じ)って思ったりセリフがたまにカタコトだったり濁音だったりすることもあったけど(笑)、今後が楽しみな感じもします。
(でもやっぱり私にとってのフォーエバーリチーは西尾さんですが~)

岩崎さんは外れちゃったけど、今回のACLは久々に私のお気に入りがわんさか
影山さん、朱さん、藤原さん、大口さん、藍ちゃん、小松さん、三雲さん、前田さん・・・等。

もー大ちゃんがかわゆすかわゆす
いや、可愛いと言うよりかっこよくなったかなぁ。
大ちゃん見るのもかなり久しぶりです。
多分1年以上ぶりかと。
私にとってACLは名古屋のイメージが強いので、大ちゃんも朱涛も若くて可愛かったのです。
なので朱ダンも久しぶりでめっちゃ楽しみにしていたら・・・何か急におっさん顔になっていた・・・

よく見ると、藍ちゃんも大口さんも老け・・・・・・。
そうだよね、あれから5年経ってるんだもんね。
(もちろん綺麗なことには変わりはないのだけど)
てことは私も相当老けたってことだよねー
中身は変わらずパープリン。

それはともかく!
顔が老けても(コラ)演技がよけりゃいいのさ!
藍ちゃんシーラは今まで見た中で一番良かったかなぁ。
何か、いい意味で力が抜けたような・・・何か・・・何か・・・そんな感じ・・・。
「まぁ~払った分だけははれたみたいね」の言い方がめっちゃ冷めてて、それがすっごく良かった!!

まーそれはともかく!
とにかく大ちゃんが素敵すぎた。
顔もスタイルもダンスも何もかも好きなんだけど(その割りにすごいファンてわけでもないんだけど)、歌を聴いて「あ、私大ちゃんの声も好きだった!」って。
透明感があって通る声ですよね。
大人顔になっても、目を真ん丸くさせたり相変わらずセリフ喋るときや笑顔がガチガチで血管浮いてたり(笑)。
そういうところもかわゆす。
今まで、他の役の人のシーンってちょっと興味なさげだったんだけど(笑)、今回わりとニコニコ顔で聞いてましたよ。
そして三雲マークが演じている間の微笑み・・・まるでお父さんのようでした(笑)。


まだまだ書きたいことはたくさんあるのだけど、明日の仕事が辛いのでこの辺で。
いつも「この辺で」っていうとそれきりなので多分今回もそれきりです(コラ)。

最近日曜観劇が辛くて、平日なんてもってのほか!でACL好きだけど休憩ないし暗いし・・・開演直前のキャス変にショック受けるしでちょっとテンション下がり気味だったけど、やっぱり観始めると楽しいし、観終わると「また観たい」って思ってしまうのでした。
残念ながら、この1公演で終わり・・・
名古屋、赤毛のアン終わったら次にACL来てくれないかな!
テーマ:劇団四季
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。