スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 人間になりたがった猫(4)
2010年12月30日 (木) | 編集 |
四季劇場[自由]
12月30日(木) マチネ : 4列

◆キャスト◆

ステファヌス: 種井 静夫
ライオネル: 上川 一哉
ジリアン: 小川 美緒
タドベリ: 吉谷 昭雄
トリバー: 佐藤 夏木
スワガード: 川原 洋一郎

【男性アンサンブル】
玉井 晴章
嶋野 達也
佐藤 晃仁
本城 裕二
名児耶 洋
森 健太郎
八百 亮輔

【女性アンサンブル】
齋藤 舞
今 彩乃
高野 唯
和田 侑子
松尾 美惠子
小島 光葉
濱田 恵里子
秋山 舞
成松 藍
有村 弥希子


以下メモと感想。
******************************

上川ライオネル、いいですねー。
クリクリお目目に甘~い声。
純粋な猫のライオネルにピッタリです。
ダンスも軽やか~。
ジャンプしながらアラスゴンドトゥールナン?ピルエットアラスゴンド?・・・何かわかりませんが(じゃあ書くな!w)、羽根でもついているかのようでした!

何気に種井ステファヌスが好きです。
猫のライオネルが可愛くて可愛くて仕方ないって感じで。
人間になったライオネルが心配であちこちに顔を出すステファヌスの表情がまたいいんですよね。
どんな威厳のある人物でも猫を前にするとふにゃんこになっちゃうんですよ!!
私も道歩いてる猫見ると思わず「ニャー」って言ってしまいます・・・(それ、ただの挙動不審者!)
そして一人オペラチックなのが良い(笑)。しびれる(笑)。
「猫は人間ではない!」って、種井さんが言うと「猫は犬にあらず♪」って歌が流れるのは私だけじゃないはず・・・。

川原スワガード、前回観た時は牧野スワガードでかなり面白かったのですが(牧野さんは何やっても面白いです・・・)、川原スワガードも良かったです。
「ああ~ん」って悶えるところがかなり夢醒めのデビルとかぶりましたが(笑)。
最後のステファヌスの「2日間でこんなに仲間が出来たのか」みたいなセリフに「そうなんです!」って言った後手を口に持って言ってウフフーって・・・スワガードってそっちの人?(笑)。

小川ジリアン、細くて可愛かった。
あんなに細いのにライオネルとペアで踊るときのジャンプがとっても重そうでした
あれはどこだろう・・・アラベスク・パンシェ?綺麗だった~~~。

男性アンサンブルさん。
八百衛兵さん、初々しいです!
「経験です!体験です!隊長なんか・・・」のセリフの言い方が、声も高めで可愛い。
玉井衛兵さん、ジリアンの歌のところの笑顔が可愛いですね~。
それと対照的な森衛兵さん。
「あーいらーぶゆー♪」とか「うぉううぉううぉううぉう♪」とか真顔・・・?表情変わらず・・・。
逆にそれが面白かったです。
て言うか久しぶりに素顔?の森さん見たけどカッコよすぎる・・・!!
佐藤衛兵さんは見るの忘れちゃった・・・えへ。

そして嶋野床屋さん・・・!!!!
衣装がブカブカだよー!
可愛いよー!
やっぱり彼はふわふわヘアがよく似合うー。
はだか~のストレートも似合ってたけど・・・あれはカッコよかったから私的にいまいち・・・(可愛い物好きなんですの)
はだか~と同じような振付もあったけど、こちらの方が軽快な振付が多く、嶋野くんに合っていたと思います。
まー勝手にそう思っているだけです。
2幕最後の方、一番下のボタン外れちゃってました。
踊るたびにぶわっとめくれて、ブカブカなのがさらに目立ってましたヨ。

女性アンサンブルさん
今さんが好きなのでそっちばかり目がいっちゃいましたー。
ジリアンのお店でタドベリの話に聞き耳を立てる今さん、二度見三度見みたいに体を何度も左右に揺らしてるのがちょっと面白かったです。
酒屋さんなのでちょっとサバサバした感じ・・・?
ダンスもかっこよかったです。
そうそう、センターペアで踊るときの玉井さん!
高速でクルルーーーっと何回転するのめっちゃすごかった!
ライオネルを探しにダンスタンの森へ行くときの、足や手をシュピシュピさせて(何・・・)ゲッツみたいなダンスの今さん、かなり素敵です。
ちょっとカッコいー・・・。
嶋野くんも素敵だけど・・・←ただの贔屓目(笑)。

とまぁ、ちょっと役者さんのことばかり書いてしまいましたが、人猫、良いお話ですよね。
ファミミュは子供向けだけど、子供向けだからこそダイレクトに伝わるので好きな作品が多いです。
何だかな~って歌も多いけど!(笑)

「人は皆誰でも~♪~~~悲しいときも仲間が入れば辛くはない♪苦しいときも仲間が入れば辛くはない♪」
この一年、特にそう感じた年だったので余計グッと来ました。

・・・しまった、ちょっとしんみりしてしまいました。

人猫、お見送りがあったのでいろんな役者さんと握手しちゃいました。
もつろん、嶋野くんとも!ウッキウキー。
いくつになっても板の上にいた人との握手は舞い上がってしまいますよ(笑)。

次は何の演目で見られるかな?
いつも次がわからないので(今回一応東京マンマにキャスティングされてるけど)、キャストに名前があがるまでドキドキです・・・。
人猫、もう少し通いたかったです!
名古屋コンタクトより人猫が良かったよ~(笑)。

そんな感じでまとまりがないまま終わります。
テーマ:劇団四季
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。